プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が来たね。
23年8月4日

夏です。あっという間に8月です!

今の茶畑の様子をお見せしますそうです。僕はお茶農家ですから
IMG00865-20110804-0911.jpg IMG00868-20110804-0913.jpg
1番茶後に中切りした畑です。
一度枝だけになってからの復活劇です!

この畑は2番茶後に浅く落とした畑です。
IMG00866-20110804-0911.jpg IMG00867-20110804-0912.jpg
1番茶の残葉は光合成能力が高いと思っております。
ビシッとそろった芽が出てきましたね

このまま順調に伸ばして来年に備えます
夏だ!たくさん光合成するんだぞ~



待ち遠しい!
23年4月27日

工場の掃除も終了しました

こうなっちゃうと待ち遠しい!
さえみどりとやまかい
IMG00561-20110427-1501.jpg IMG00562-20110427-1502.jpg

前日のおおいわせ
IMG00555-20110425-1627.jpg
天気の具合で色がバラバラですが、もうスタートはあと少しです。

今年は3月が寒かったのでスタートは遅いですが、品質は問題ありませんね
もう霜の害は無いでしょう!スタート切れるぞ

みなさんもう少しお待ちを


早生と晩生
23年4月25日

品種品種と言っておりますが、さてどのくらい早生と晩生の差があるのでしょうか?

単純明快。写真で一発

こいつが「おおいわせ」です。
IMG00555-20110425-1627.jpg IMG00556-20110425-1627.jpg

これが「おくゆたか」です。
IMG00557-20110425-1634.jpg IMG00558-20110425-1634.jpg
この様子だと20日以上違うかな?
当然ながら、早場所には早生品種。遅場所には晩生を植えています

豊好園ではこのように早生と晩生を植える事で、常に良い芽を追って製茶出来ます。
早生品種からスタートしていけば良いと言う事。
何故品種茶を植え始めたか?これが理由です

やぶきたオンリーで早場所遅場所では限界があります。
最後の頃にはボッサボサになってしまうでしょう。

天気都合がある中、常に良い芽を収穫すると言う事は意外難しいんですよ


「掘りたてすぐ茹でタケノコ」の販売終了いたしました!
ありがとうございました




初めて見た
23年4月20日

茶柱会の園地回りでの出来事。
IMG00536-20110420-1411[1]
茶工房仲間「水声園」望月さんの「つゆひかり」

芽が伸びているのに花が咲いている…。
一般の方が見たらこういう物だと思ってしまいますね~。

どういうわけかわかりませんが、非常に珍しい事だと思います




うっすら
23年4月15日

早生品種「おおいわせ」と「山の息吹」に芽だしの肥料をまきました。
まいたのは3月末と同じ芽出し最前線です。

うっすら黄緑色になったでしょ?
IMG00509-20110415-1405.jpg

近くで見れば納得?
IMG00510-20110415-1406.jpg
ここから暖かくなるから伸びるぞ~。

一気に伸びた方が品質的には良いので、期待します



4月10日現在
23年4月10日

少し暖かくなってきたな~なんて思っていたら育って来てました。
IMG00484-20110410-1713[1]
「おおいわせ」です。

この分なら今月中に収穫出来そうですよ~


4月4日現在
23年4月4日

たびたびお伝えしてる通り、今年はお茶が遅いです。
IMG00459-20110404-1202[1]
豊好園で一番早い「おおいわせ」でこの通り。

二年前の「つゆひかり」がこんな感じ。豊好園の「つゆひかり」は「おおいわせ」より5日は遅いので、今年がいかに遅いかわかると思います

今年は早生品種と晩生品種のタイムラグが少なそう…。
寝る間がないか

ちなみにタケノコも全然出てきません
11日から発送予定ですが、この感じだと遅くなりそうです。

掘りたてすぐ茹でたけのこの予約承り中。詳しくはこちら



伸びません。
23年3月24日

寒いです。
ホントに春が来ません
IMG00403-20110324-1023[1]
この調子じゃ10日は遅くなるでしょう

タケノコもまだまだ出る気が無いようで、まさに冬ですね

遅くなるぶん楽しみが長くなるかな?
待ちきれなくてストレスになるかな?

ただただ春が来るのを待つのみです



ショック!
23年2月9日

品評会出品園が乾燥に耐えられませんでした
IMG00183-20110209-1556.jpg
元々土が少ない場所だったのですが、樹齢も35年以上のおじいさんの木なので仕方ありません。

葉が見事に枯れてます
IMG00184-20110209-1556.jpg これはダメです
-9.5℃を記録したこの場所では、凍ってしまうため水を撒くわけにもいかず…。

場所によって枯れこんでるのですが、生きてる茶もあります!
IMG00185-20110209-1556.jpg 普通はこんな状態です。
お茶の量が少なくなります。

ちょうどのタイミングで新出品園が完成するのでなんとかセーフか…。
ただ、新園がどのくらい収量があるか未定なので、ん~。ちょっと困った

全部やられなくてよかった




摘芯
22年11月8日

自然仕立ての畑の摘芯「てきしん」をします。普通のかまぼこ型の畑なら秋ならしですね。
CIMG5758a.jpg
当然面ではないので手で切ります

ちなみに切らないと来年この続きから伸びてしまいます。
CIMG5765a.jpg
ピントがずれていてごめんなさい。

上の芽と同じやつです。このくらいで切ります。
CIMG5766a.jpg
来年は青丸の所からそろった芽が出てきます

そろそろ両河内の寒い冬が来ます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。