FC2ブログ
プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
両河内荒茶互評会
20年8月25日

今日は両河内地区の茶業界会員を対象に、荒茶の互評会があったので見に行きました

評価1
こんな感じで、今年出荷されたお茶のサンプルが並べられます。

なになに~、目的
 両河内管内で生産されている荒茶を互いに確認・評価し、現状を理解するとともに、技術の水平展開による両河内全体の荒茶品質の向上を図る。両河内が目標とする荒茶を見つける。だと。

さて、見た目が良い順に並べ替え開始
評価2 生産者と値段は伏せてます
シマごとに5000円クラス、3000円クラス、2000円クラスに別れてます。

まずは5000円のお茶
評価3 5月1日に機械刈り やぶきた
細くよれて綺麗なお茶だと思います。クキも目立ちませんね
ちなみに配られた資料によると、望月さんのお茶です。

次に3000円のお茶
評価4 5月3日に機械刈り やぶきた
ん~クキが出てきましたね。それでも3000円で仕入れるなら格安だと感じてしまいます。
時代ですね
こちらも望月さん…。両河内は望月さん沢山います

次に2000円のお茶
評価5 5月4日機械刈り やぶきた
さすがにガサガサしてますねぇ。
茶の木は、小さい芽を製品にすると良い (ここで言う5000円クラス) お茶、芽を伸ばして収量をたくさんにすると悪い (ここで言う2000円クラス) お茶に評価されます。
悪いと言っても、皆さんが (我が家も含めて) 普通に飲むお茶はここの2000円クラスだと思います。
茶商さんがこのお茶を仕上げて、100g 500円位にするのではないかな?

他の地域との比較 各5000円
評価3 評価6
評価7 評価8
同じ県でも地方によって栽培方法も作り方も全然違いますね。
当然、各家によっても違います

今度は両河内の5月4日に出荷された物の比較
評価9 評価10
評価11 生産者は当然違います。
Aが4200円、Bが3200円、Cが2000円。
さっき言ったとおり、収量と品質・価格の結果ですね。残念ながら、それぞれ何kg収穫したかはわかりませんが、お茶から想像できます

最後に、両河内と言えば初取引最高値
評価13 僕も手積みしました
1kg 10万円 両河内の広告塔です。
この地域で初取引に間に合わせるためにハウスで手間暇。
手積みで手間暇、工場で手間暇。10万円に恥じないお茶だと思います。

実際に気になるお茶をお湯でお茶をいれて、水色や香りなども見ています。
評価12 わいわいがやがや
みなさんお茶の話をあーだこーだ 独自の理論がありますね

こうして互いの評価をして自分のお茶を比べて、来年の改善点を見つけていくのです。

今回僕のけっさくだった人、望月Mさん。
並んでいるお茶を見て、これは汚いなぁ~下だ下っと景気良く並べて行ったまでは良かったのですが、なんとそのナンバーのお茶が自分のお茶だったのです。
ん~互評会。自分のお茶がよくわかります

来年もがんばって豊好園のお茶作りま~す




           





スポンサーサイト




この記事に対するコメント

圧巻な画像をありがとうございます。
今にも手触りが感じるような素晴らしい写真でした。
今、なかなか鑑定の機会はありませんが、それなりに日々知らないお茶に出会います。
いろいろ見て、原点ともいえる静岡・両河内のお茶を見るとき、どんな気持ちになるか
楽しみにしています。
いろいろ飲みますが、定番はやはり最初に味わったものかなと思います。
【2008/08/27 22:10】 URL | TTDK #- [ 編集]


>TTDKさん
写真ちょっと心配だったのですが、よかったです (^^;)
最初に味わったものって、脳に「おおっi-198」って印象があるんでしょうね。
だからいろいろ知って行っても、また手にしてみるんでしょうね。お茶に限らず。
両河内はここのお茶を「おおっ」と思ってくれる人を探さなくてはならないと思いますi-201
【2008/08/28 09:11】 URL | じろー #- [ 編集]


こんにちは!
みんな同じようなお茶を目指すんじゃなくて
生産者さんの個性丸出しなお茶がもっと
もっとあったら、きっとおもしろくなるのにな~って
いつも思います♪
【2008/08/29 11:11】 URL | なかむ #- [ 編集]


>なかむさん
生産者にそれぞれ考え方があって、譲れないものがあるのだから、個性丸出しでいいと僕も思います。
ただ多くの生産者は、その個性の売り込みをしないため、市場での理解が得られずに平均なお茶を作る道を歩いています。
常に自分のお茶を、自分を売り込む。そういう努力が農家に求められていると思います。
【2008/08/29 13:18】 URL | じろー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する