FC2ブログ
プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
2008年盛夏号
<ガガーリン>
 今年、次郎が紅茶を作りました。彼いわく「日本茶の紅茶って甘いじゃん。うちも作ってみたらどうかな」だそうです。
 何故か玉緑茶仕上機なるものが10年以上も前から茶工場にあるのです。県職普及員のNさんが何年か前に紅茶作りをしたのですが、それっきり動くことはありませんでした。形は前方が少し細くなっていて、回りだすとガラガラと大きな音がします。
ガガー なので通称「ガガーリン」
 このガガーリンで香駿、静7132、おくゆたか、いなぐちと4種類も作ってしまいました。どれもまだ青臭いのですが、確かに甘味が残ります。
 年内後熟させるつもりが、ちょうど訪ねて来てくれた神奈川県のお茶屋マルシゲさんが、香駿紅茶を新鮮味があって良いと気に入り、全量を買ってくれました。8月に入ったらもう一度かなやみどりでチャレンジと、気を良くしています。
 追伸
 我が家では夏中、麦茶のようにお茶をヤカンで煎れて冷まして飲んでいます。今年は紅茶のくき茶で作っています。砂糖は入っていませんが、ちょうど某「午後の紅茶」みたいでおいしいです。

<つゆひかり>
 御前崎や掛川で産地化を進めている「つゆひかり」は水色がエメラルドグリーンのお茶です。我が家にも3年ほど前から製品になっていますが、浅蒸し(40秒蒸し)なので残念ながらエメラルドグリーンまでの水色になりませんでした。
 今年次郎がその水色に挑戦!80秒蒸しのお茶を作りました。

<チェコのお客様>
 次郎のお客様、チェコのマルティーニとのメール商談も、なんとかうまく行っています。荷物に貼る「インボイス」を理解するのに苦労しました。発送してから取り戻して、航空運賃を無駄にするなど月謝も払いました。今はちゃんと出来るようになりました。

<祇園祭り 考>
 今年も山百合が咲いて梅雨が明け、ヒグラシの大合唱が始まった。いよいよ夏本番!

 7月19日 例年通り夏祭りが行われた。私が青年団をやっていた30年ほど前は、両河内地区のどの村でも、この時期になると祇園と呼ばれるお祭りが行われた。私は仲間の団員と村々をはしごして踊りの輪に加わった。今だから話せるのだが、踊りの後の慰労会ももちろんはしご。一升瓶をぶら下げて仲間に入れてもらい、私たちの交流の場所になっていた。

 それが若者が減り青年団も消滅し、踊りの輪も無くなった。私の村も10年ほど前に青年団が無くなり、祇園も祭り当番の隣組の人だけが神社に集まるだけのものになってしまった。

 やめてみるとやはり寂しい。「子供の為にやりたいね」との気持ちから、昔の青年団や子供会が中心になって復活したが、踊りの輪は10人足らずとなってしまった。

 ところが今年は一変した。ちょうちんに灯が入る頃、踊りが始まった。その輪は私が気がつくと30人ほどの大きなものになっていた。金魚すくいも子供が順番待ち。わずか40軒ほどの村で集まった人は120人以上。赤ちゃんを抱いた若いお母さんやおばあちゃん。チャンチキや太鼓を叩く子供。「エッサソレソレ!」昔にタイムスリップした大きな声で踊るおじさん。それを真似る子供もいて大騒ぎ。本当に驚かされた夜だった。

 私の村では去年5人も赤ちゃんが産まれた。最近道端で赤ちゃんを連れたお母さん達が話をしている。私を含め村の人たちは、赤ちゃんを見ると立ち止まり声をかける。知らないうちにコミニュケーションがとれるようになったのだろう。三世代で暮らしている家も多い。こんな布沢がいつまでも続いて欲しいと思った。うれしくてたまらない今年の祇園祭りだった。我が家にも早く孫が出来ないかな…

<あとがき>
7月の末に夫婦で富士登山をしました。
富士9
体を鍛えている夫はルンルン。運動不足の私は息絶え絶えで9合目でダウン…。頂上へ行く夫を見送りました。下山中に夫は「来年も登るんだ」と、はりきっています。私は…。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

こんにちは~!
「ガガーリン」とはおもしろい名前(^^)
富士登山もしたのですね!
でも、豊好園の茶畑の方が急傾斜の
ような気がします(^^;

【2008/08/06 13:10】 URL | なかむ #- [ 編集]

ガガーリン試運転者
ガガーリンは確か旧農協の布沢支店の倉庫にあったのを豊さんが持ってきた記憶があります。その時には中に何の試験に使ったのか分からない茶色の葉っぱがいっぱい詰まっていたと思います。私が、ガガーリンを使ってやりたかったのは、葉が持つ水分だけで殺青をしてお茶にする紅茶とも半発酵茶とも違うお茶づくりだったのですが、今ひとつのできでした。アルミ袋に入れて5,6年棚に放ってあるお茶がどんな風になったのか。持ってお伺いします。
【2008/08/07 20:54】 URL | naru #- [ 編集]


こんにちは。チェコにもお客様がいらっしゃるのですね。
豊好園さんのお茶、チェコで出会えたらすごいです。
少しここハンガリーからは距離がありますが、そんな出会いをいつか実現したいです。
【2008/08/08 04:37】 URL | TTDK #- [ 編集]


>なかむさん
ガガーリンが出てきそうなんだそうです(^^;)
そんなに我が家の畑は急に見えているのでしょうか!?
ん~特徴をいかさなくてはならないですねi-190
【2008/08/08 16:50】 URL | じろー #- [ 編集]


>naruさん
なるほど。ガガーリンにはいろんな可能性があるという事ですね!
ガガーリンはお茶のブラックホール…か。
こうしたらどうだろうか?のような事があれば挑戦しましょうi-179
【2008/08/08 16:55】 URL | じろー #- [ 編集]


>TTDKさん
ハンガリーにいるのですか!?
マルティーニの話だと、チェコ以外にもスロバキア、スペイン、スウェーデン、ポーランド、ドイツにお茶屋さん友達がいるらしく、その人達にも話をしているみたいです。
ハンガリーならスロバキアの下ですから(と言っても奇跡的ですが)出会う可能性も無きにしも非ずですね(^^;)
もし出会ったら是非教えてください(^^)b
【2008/08/08 17:15】 URL | じろー #- [ 編集]


まあ、素晴らしい! これらの国であれば、ますます出会う可能性が増えます。
お茶屋さんの数は本当に少ないですから、きっとご縁がありますね。
私もお茶屋さん巡りをしたいと思っています。(茶町のようにはいきませんが)
以前チェコのお茶好きさんが静岡に来ていたという話を聞きましたが、その方かしら、マルティーニさんって。
ハンガリーにおります。お宅に今も飾っていただいているでしょうか、プリザーブド茶で以前お茶の葉をご協力頂いたものです。じろう様には工場でチラッとお目にかかったかと。
【2008/08/08 17:33】 URL | TTDK #- [ 編集]


>TTDKさん
プリザーブド茶…。理解しました!
まだ葉っぱは緑ですよ。なんとも不思議です。
僕がマルティーニと出会ったのは去年の世界お茶まつりの時です。
その時マルティ―ニは会場をグルグルしてたので、そのチェコのお茶好きさんがマルティーニの可能性ありますね(^^)/
【2008/08/09 16:32】 URL | じろー #- [ 編集]

お久しぶりです。
次郎君、お久しぶりです。滋賀県の曽和です。
先日は豊好園通信、送ってもらってありがとう。楽しく拝見させて頂きました。
ブログの方も見せて頂いたよ。いろいろ頑張っておるんやね。
こちらは夏の雨量が少なくて園相ちょっと悪いです。例のミカントゲコナジラミもますます
増殖しておりやっかいな存在になってきてます。裾刈りやらしてると、まいまいと顔中にへばりついてうっとうしいことこの上ない・・。まあそれでもなんとかお付き合いしていかなあかんみたいですわ・・・・。
まあ、最近は子守に手がかかってパソコンも触ってる間がないんやけど、またちょこちょこ覗かしてもらいます。そんじゃ!
【2008/08/29 14:27】 URL | 曽和治彦 #- [ 編集]


>曽和さん
お久しぶりです!去年はほんとお世話になりました。
こちらとは違った風景でおもしろかったです。
雨少ないですか…。今年は特に異常気象って感じがしますね。どうなってしまうやら。
静岡ではまだ、ミカントゲコナジラミの害は (と言うか名前も)聞きません。
裾刈りの時に舞い上がるのが想像できます(><) 明日は我が身。発生したらアップします。
小守ですか~。なかなか大変だとは思いますが、お体に気をつけて下さい (^^)b
【2008/08/29 17:17】 URL | じろー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する