プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクトに行ってきました。
12年9月26日

静岡の新間にある市内最大の茶工場に行ってきました。
CIMG1761a.jpg
茶工場にしてはデザイン重視。

ちなみに規模はと言いますと、豊好園の品評会用工場が35k機の半ライン。シェアしてる茶工房の工場が120k機の1ライン。ネクトは240k機の4ライン…。(たしか)
え~っと、120k機の1ラインで1時間に生葉120kgを消化できます。の、倍の240k機だから240kg。の、4ラインだから960kgか。
茶工房の1日は2時間で蒸し終了。なんだかな~。

そんな工場は機械もでかい!
CIMG1759a.jpg
カワサキラインと寺田ラインがあるのも面白い。どっちがうまく揉めるか喧嘩になりそう。

さて、本題。

今回「秋冬番」(しゅうとうばん)を言う秋のお茶を刈ります。
その葉をネクトに売るのです。つまり葉売りの農家になります。

両河内と新間はかなり距離はありますが、新東名ができた事によりそんなに驚く距離ではなくなりました。
そこで実現した産地を越えた「静岡茶」が出来るのです!

ちょっと話がずれました。
いくら近くなったとはいえ遠いのは確か。両河内でも製茶工場はあります。

しかし、「刈り止め」があるのです。
字の通り刈るのを止められる。今日は500kg以上持ってこないでね~。ってな感じです。

1日中刈れば1500kg以上は刈れる。止められたら半日になってしまう。
同じ1日なら目一杯刈って稼ぎたい!

ネクトはそれがありません!生葉1kg30円払いも確実!
CIMG1760a.jpg
しかも、写真のトラックと高速道路代支給!(遠いからかな?)

新たな取り組みです。どうなるか解りませんが、日当位出るのは確実かな。
しばらくの間、お茶刈り鬼となりましょう


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。