プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポ無し訪問2
12年3月2日

続きです。

もう1軒は藤枝の熊切商店です。
道沿いのお店に行くと、社長に「工場は離れた場所にあるから」と親切に教えてもらい、いつも静岡茶市場でお会いする原さんに工場を案内してもらいました。
IMG01204-20120302-1512.jpg IMG01205-20120302-1520.jpg
ここ、熊切商店の社員・原さんの自宅です1階がお茶仕上げ場になってる…。プロ精神

熊切商店さんは伸びたお茶を使います。
IMG01210-20120302-1540.jpg
左が伸びのゾッキ。右が熊切ブレンド。まさにお茶屋さんのノウハウ。

前は川根茶を買っていたそうですが、伸びのお茶を探しに静岡茶市場に来て、両河内が目に止まったそうです。
ちなみに熊切さんは「ヤブキタ」を買ってくれます。

ヤブキタを買ってくれるお茶屋さんなんて普通でしょ?と思うなかれ。
原さんの行動に驚いたのです。

豊好園は自分のお茶が市場に並ぶ日は市場に行きます。
そこでお茶屋さんの質問に答えたり、感想をきいて「今」の流れを探るためも兼ねています。

そんな茶市場で原さんが「これ片平さんのお茶です。火入れしてきました!飲んでみてください」とサンプルをくれたのです。

うちのお茶がまさか仕上げられ帰ってくるなんて思ってもいなかった。
「強火入れにも耐えれるいいお茶でした。」なんて言ってもらって…。

そんなお茶屋さんは今までいなかった。そこが印象的で忘れられない人になりました。なのでどうしても訪ねたかったのです。

そんな原さんが見える道具を見せてもらいました。
IMG01206-20120302-1527.jpg IMG01207-20120302-1529.jpg
はて、これはなにか?

自作火入れ機(ドラム式)です!
イワタニのたこ焼き機の上にコーヒーを焙煎する胴を乗せ、回りを囲い上のファンから熱風を胴に入れる。
回転は手。ファンの動力はタミヤのラジコンのバッテリー!!

友人と酒を飲みながら火を入れて〆のお茶に使ったそうです。
遊び心が大切。
そう話す原さんはとても楽しそうでした

こんな熊切商店に行く豊好園のお茶も幸せだ。
ここでもやる気をバリバリ充電できました。

忙しくても頑張れちゃう。
ほんと皆さんに支えられてます

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。