プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011視察続きx4
静岡市内牧から清水区の両河内地区へ。
でもお昼時なので豊好園の近くにあるおそば屋さんへ。
木金土日しかやってません。しかも数量限定。
P1010184.jpg P1010185.jpg
待ち時間に地図を広げ、走ってきたルートを確認。中部地区と言えど結構遠いなぁ。

おそばを堪能した所で豊好園へ。
P1010187.jpg 背景の土砂崩れが痛々しい。
品評会出品園。1800mmx900mmのシングルで植えてあります。
普通の畑は1800mmx600mmの千鳥で植えています。

イメージとしては「ノビノビ育って欲しい」という事です。
普通の畑はなぜ広く植えないの?
いえいえ、充分広いです。この畑が試験的なだけです。

ティールームでお茶の火入れの感想を聞き、紅茶の出来も確認してもらいました。
やはり自分の物がどのくらいの立ち位置なのか?粗悪品ではないか?心配になりますが、OKをいただけました!

続きまして、「お茶のやまよ」山崎さんのお宅へ。
P1010190.jpg お世話になっている先輩です。
山崎さんの畑が台風で崩れたと言うことで、そこを視察。
P1010188.jpg
別に谷でもなく急でもない。考えられない場所から水が沸いたそうです。確かに普通の場所。

一つ気になるのはこの畑は「ツボ枯れ」が酷かったこと。
いろんな人に見てもらい、結論は水道が地下にあるのが影響かもしれない。でした。

水道が本当ならば納得が行く結果ですね。植物は正直。

山崎さんのお宅で、今年チャパネット初参加で両河内茶業の一番若手「山本園」の山本君のお茶もみんなでいただきました。
彼の父はクソ真面目。お茶への情熱が伝わってくるようなお茶を作ります。
品評会も一時期辞めていましたが復活!そして2等入賞。
山本君も今年結婚。まさに乗りに乗ってます。

そんな山本園のフラグシップ「大通院」という名前が与えられたお茶の畑に行きました。
P1010191.jpg
決していい立地ではないのですがきれいなネット。
これには皆さん驚いていました。

2日間を通して感じたこと。
いい視察が出来るいい会だ。
何が一番いいかというと、今日見たこと感じたことがその夜に飲みながら話が出来ること。
それぞれすばらしい方々の意見が聞けます。
また第3回もやろう。すごく勉強になる!

そして視察時間が短すぎ!半日1軒位がいいです。各家見るとこがいっぱいなんです。
計画したのは豊ですが…。

来年は東部です。今から楽しみです。
長々ご清聴ありがとうございました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。