プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 夏号
22年7月30日
久しぶりの雨で助かります。
一番茶の頃から毎日20人オーバー、多い日には30人の人がこのブログを見てくれています。
たったの20人かもしれませんが僕には大切な20人です。ありがとう
これからも色々な事を記事にしていきたいと思います。2010年夏号はじまり


<山百合で梅雨明け>

 我が家の庭には次郎の友達「横川花園」からいただいた、いろいろな種類のユリがあります6月に入ると次々と咲いて、私たちの目を楽しませてくれます。
CIMG6563.jpg 今年は八重咲きで雄しべの無い花が咲きました
最後のトリを飾るのが白の大輪のカサブランカ。もう少しで咲きます。
そして7月17日、布沢の山百合が咲いて梅雨が明けました

これから夏本番!私は暑いのは大好き とは言ってももうアラ還世代。少しブレーキを踏みながら頑張ります

今夜は「ぎおん」と呼ばれる村祭りです。ここ数年布沢はベビーブーム。子供たちのおかげで賑やかになってきました


<まいったな!>

 雨の中、昔10人ほどの仲間で開けた農道の草刈りを一人でやってみた。仲間がどんどん減り、もし我が家だけが利用するようになったら…と考えての事だった。
 草刈り機を使い、朝から休みなしで標高300mの茶園に着いたのはお昼。半日もかかってしまった。と言うより、まだ草が小さかったので半日で済んだと言った方が良いのかもしれない
 
 自力で開けた道なので、幅は2mほど。年に3回は刈らないと道が見えなくなってしまう。他にも同じような道が3か所。やはり山村では一人で生きていく事は難しいと思い知らされた。
 農地をまとめて大規模経営する事も良い。しかし山村に住む者にとっては有難い話ではない。小さな農家がいっぱいあって助け合って生活する事が、日本の山村の本来の姿だと私は言い続けている。

適地・摘作・摘農政。すべて忘れ去られてしまっているように思えてならない…


<いつの間にか野良番頭>

 次郎がブログをまめに更新しているせいか、ヒットするようになり、新しいお客様も増えてきました 3年ほど前から作りだした紅茶も好評です

販売は私は苦手。妻と次郎に丸投げし、大好きなお茶の子育てに夢中です。雨が降ったら草むしり。晴れたら防除と肥料まき。自分のテンポで畑を駆け回る事ができるようになりました。
野良番頭だ~い好き


<プロフェッショナルって何>

前回のきららめーるで書きましたが、3月29日に静岡県を襲った大凍霜害のその後についてお知らせします

メディアの取材に応じた時は「茶の木の力、自分の栽培方法を信じている」なんてカッコイイ言葉を出してしまったものの、当時芽が出ていなかった「やぶきた」でさえすっかり冬の姿にリセットされ、10日近く遅れて摘採
テレビに写し出された早生品種の「さえみどり」「おおいわせ」は20日たっても回復の兆しが見られません さすがに私も本当に芽が出てくるのだろうか…と思うほどでした。

しかし5月に入り、綺麗にそろった芽が一斉に伸び始め、一か月遅れで無事収穫する事が出来ました
さえみどり2 5月8日
お茶刈りの順番もいつもと違い、適期に刈れるよう、空が明るくなるのを待って茶園を飛び回る毎日でした

その甲斐あって収量は例年並み。品質も予想以上のお茶に仕上げる事が出来ました 5月末に10日ほど遅れて一番茶が終わりました。

 二番茶の摘採は、被害を受けた茶樹の事を第一に考えて行いました。そしてそれぞれの茶園にあった管理をしたため、茶園はいつも以上になっています
CIMG5264サエ 7月29日
通路が見えません!!

 NHKでプロフェッショナルという番組があったのはご存知ですか?
番組の最後にいつも「プロフェッショナルとは」と真っ黒な画面に小さな白い文字が出た後、その日紹介された人物がそれに応えて番組は終了します

私は茶生産のプロになりたい。私ならどう応えるだろう…。いつも考え続けてきました。今回の災害を通じて答えが出たような気がします。

「プロフェッショナルとは」
どんな災害を受けてもあきらめずに、納得の行くまで立ち向かい、それをプラスに考え行動に移すこと。

だと私はこたえると思います。私の行動、少々プロに近づいたのでは

来年のお茶はおいしいぞ!

                                  ゆたか
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。