プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶部会視察2
22年3月10日

続きまして 島田市金谷にある、有限会社「丸東製茶」さん
CIMG5715.jpg
この建物が茶工場です。何かの研究所みたいだ

丸東製茶さんは「丸東茶農協」と「神谷城特産茶農協」と「6戸の茶農家」が再編の方向で合意し、平成14年に設立された共同工場です。そのため社員は24人、生葉会員は45人。
栽培面積は87haだそうで、茶工場のラインは250k 2ライン 2系列
CIMG5718.jpg ボイラーが6基も並んでいます
そらまぁ87haもあればこんな規模になりますわ。ちなみに豊好園は3ha

合併した経緯は以下の通り。
高品質を武器に好調な売り上げをしていた「丸東茶農協」でもH10年頃から売上の低下に加え、高齢化・兼業化・後継者不足や生産者の意欲低下等の問題があった。この問題は地域全体であった。
将来、担い手不足で産地を維持できなくなる事が明確だったため解散して再編合併しようとなった。

そのため、茶農協ではなく企業として成り立つ事で地域発展に必要と考えられています。
社員は当然、全農家の生葉品質を揃えることで品質の安定性が増し、茶工場運営の安定化になる。
企業として経営していく事で新卒者が就職したいと思うような会社になりたいと言っていました。
これにより後継者不足の解決になる。産地を守れる。なるなる

こう言った共同工場は工場の方向性を理解している人がどれだけいるかで違いますねぇ。
これは豊好園でも言える事。家族会議ですな
 
続きましてハラダ製茶(株)に行きました。
CIMG5721.jpg
さすがハラダ。
CIMG5722.jpg 会議室もオフィスって感じ
ハラダのやぶきたブレンドでお馴染みの?ハラダ製茶です。
ここで聞いた話はGAPの話。

皆さんGAPって知っていますか?恥ずかしながら僕は1月まで知りませんでした。
簡単に説明すると、徹底した安全管理と言う事です。
生産者の安全性、製造の安全性、製品の安全性といった安全管理ですね。
GAPの認証を取っているという事により、当たり前のように安全が約束されるという事です。
これはお茶だけではなく、全部の作物で認証が取得できるのです。

世界的にはグローバルGAP これと同等の日本版JGAP これからスーパーで見る機会が増えるかもしれません。
ちなみに豊好園が属する茶工房はTGAPの認証の取得に取りかかっています

GAPを取得する事によって茶の値段が上がる事はありません。
生産者に安全性を約束させる。というもの。当たり前のこと。

と、こんな感じで視察が終了しました。人の話を聞くと言う事はいいことです。
自分に当てはまる事がないだろうか?今真似できる事は無いだろうか?と言った事を考えさせられます。

1日潰してでもまた誘ってもらいたいです
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。