プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶部会視察1
22年3月10日

今日は青年農業士茶部会の視察に行ってきました。
まずは農業経営士 荒畑 榮さんの「荒畑園」に行きました。
CIMG5706.jpg
牧之原大地にあります。従業員45人のお茶屋さん
卸30% 通信販売70% 年間販売量250t 顧客数は12万人オーバー…

社長自らが説明してくれました
CIMG5711.jpg
ここは冷蔵庫。豊好園も年間同じ品質のお茶を出荷するために冷蔵保存しているのですが、さすがに顧客数が多ければ冷蔵庫も大きい!というかこのサイズが6個あるそうです

工場を見終わったらお話を聞かせてくれました。
荒畑さんがここまでの企業にするまでの話で、経営方法を包み隠さず話してくれました

志がある人は絶対にあきらめない。どんなにうまく行かなくてもあきらめません!志を持ちましょう。
確かにそうだなぁと思います。僕の志って何だろう…。楽しい農業をする事?アバウトですね

最後に「荒畑園」と言えば国産プーアール茶「茶流痩々」
CIMG5714.jpg 飲みやすいです
なぜプーアール茶を製造したのか聞いてみたら解りやすい答えが
品種茶や商品のお茶(牧之原の望や清水のまちこなど)では結局お茶の消費者の奪い合いをしているだけ。プーアールはその他の人から支持されている。お茶のパイではなくその他のパイの開拓。メタボ・内臓脂肪・インフル…飲料としてではなく効能をうたう事によってその他の人が買ってくれる。だから作った

確かになぁと思ってしまいます。ほんといろんな人がいるんだなぁとつくづく感心してしまいます。

続きはまた。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。