プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防箱ファン
21年2月20日

防霜ファンの作動確認をしてきました。
防霜(ボウソウ)ファンとは…。
茶畑から電柱が立っていて、先っぽに扇風機が付いています。これが防霜ファン
CIMG3339.jpg
文字通り防ぐ霜のファン。これと天気予報の遅霜予報は茶農家にとって関係あります。

新芽が出た時に霜が降り、害を受けると僕たちは途方にくれます
次の芽が出てきますが、一番いい芽がなくなるし刈り取る時期も20日程遅れます。
と言う事は、一番茶の風味は落ちるし市場の価格は下落…。
考えるだけでガクガクしてしまいます

そうならないために、念入りなチェックは欠かせません
CIMG3335.jpg こいつが制御盤です。
何年間も野外で雨風にさらされて…。御苦労さまです。

中身はこんな感じ
CIMG3337.jpg ブレーカーと温度センサー。
時期になったらブレーカーをONにするだけ
葉面にたらされたセンサーで設定温度になると動き出す仕組み。

試験的に動かして作動確認です。
OKOKはいOK
CIMG3340.jpg ん?ちょい待て左ダメ
動きませーん。危ない危ない
今年は2台ダメでした。まぁ例年通りか。

電気屋さんに電話をして今日は終了
ほんと、霜の被害がありませんように

ちなみに、防霜ファンが無い時代の話。
古タイヤをボンボン燃して空に層を作り、防ごうとしたようです。
環境汚染もなんのその ひどい時代です。
この方法はミカン農家もやっていたようです

農薬も肥料もそうですが、現在の農業はクリーン&スマートになりましたね
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。