プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋で発見
20年1月29日

本屋でウロウロ時間をつぶしていたらこんな本を発見しました
CIMG3273.jpg
表紙にでかでかと。関係者なら目につきますよ。

普段僕はしっかりした本ってなかなか手に取らないのですが、この本は違いました。
まずはどういった茶の本なんだろうと思った。これは当たり前か
それよりも手に取りたいと思ったのはの左。
世界は日本茶に夢中。

いや~少し立ち読みして買っちゃいました。やっぱ本が出るほど広まってるんですねぇ。
少しですが世界に輸出している豊好園にとって、元気がでる記事です。
少しだけ中を紹介。(っていいのか
CIMG3274.jpg
見えにくいですが、●がついている国のお茶事情を紹介してくれてます。
読んでいくと、まだまだド○ールやスタ○のように、お茶する感じではないような気がしますが、ん~何と言うか貴族の遊びが庶民に降りてきた。みたいな…。ちょっと高そうな感じ。

お茶を飲む。と言うよりお茶を飲む時間を楽しむ。淹れている時の会話を楽しむ。
これって日本茶本来のスタイルだと僕は思います。
確かにうちのマルティーニもお茶の飲み方をすごく知っていました。
きっとそんな講釈をしゃべりながら販売しているんだろうな
期待に答えられるように頑張ろう

そのほかには日本茶の産地、種類(品種ではなく外観の)、茶器、お菓子、お店って感じです。
「日本の魅力、再発見」確かにです。

こう言った特集やってもらえると、僕はうれしいです。
ただひとつだけ気になったのは、玉露やかぶせ、深蒸しに玉緑のように種類を一つ一つ紹介してくれているのですが、なぜモデルの茶葉がこのクラス?なぜモデルのお茶の色がこんなに変なの!?と思ってしまいました
これは編集者がわざとやっているのかな?と思いたいです。

そんな所も気にしながら皆さん見つけたら立ち読みしてみて欲しいなと思いました
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは。
なかなか面白い本でした。
普通のお茶飲みさんの視点では、
よりお茶に興味を抱くような内容ですね。
どうしても情報発信をしたい人のフィルターがかかってるのが見えるから、
読み手側がそれを分かって読まないとなーと感じた本です。
でも面白い内容ですね。
個人的に日本一のブレンドは参考になりました。
【2009/02/02 10:27】 URL | 今川 #- [ 編集]


>今川さん
味覚ってみんなバラバラなので、これが一番おいしいです!って言うの僕嫌いなんです。(自分のお茶には自信を持っていますが(^^)b)
こういう本を読んで、掲載されていたお茶が一番!ではなくて、自分の一番を見つけてもらえるようになってくれたらいいなぁと思いました。
このご時世リーフの消費量をいかに増やすかと言う事を茶業全体で考えていかなくてはならないのではないかと思うので、この本はありがたいです。
【2009/02/02 18:33】 URL | じろー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。