プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間伐始まった
21年1月13日

前回測量した現場の間伐作業に入りました。

くどいようですが、間伐「かんばつ」とは…
杉や檜の森林を作る場合、面積に対してかなり濃く苗を植えます。
それは、苗は小さいため、ある程度の年月を集団で育てないと、雨風で倒れて枯れてしまったり、山自体が崩れたり流れたりしてしまうから。と思ってくれたらいいかな

なので、当然生長過程で過密となってしまいます。そこで本数を減らすために抜き切りをする作業を行います。これが間伐
間伐は段階があります。何年か後、木が過密になったらまた本数を減らしていきます。

「間伐」はしっかりした森林を育成するために必要な作業なのです
今回間伐する山は、最後の間伐。なので本数が少ないです。
CIMG3229.jpg 光もちらほら
でも空はというと…
CIMG3241.jpg 窮屈ですねぇ。
植林として完成状態にしてあげる間伐を行います。

さて、作業開始
曲がってしまった木や、細い木、腐った木なんかを優先的に切ります。
CIMG3231.jpg CIMG3232.jpg
倒す方向に切り口を作って~。       後ろからビ~ンと

と言う感じで倒すのですが、ぎゅうぎゅうなので枝が絡んでおり、隣の木にたかってしまう事もしばしば
最初の間伐ならズタズタに切り刻んでしまうのですが、この山の木は造材して出荷するので切り刻む事はしたくない…。このまま置いておくといつ倒れるかわからない。下敷きになって死んでしまう人もいる現実。
チェーンソーで小細工してみたり、棒でこじてみたり。それでも倒れないならウインチで引っ張って倒します。

一日の作業終了。
CIMG3236.jpg CIMG3229.jpg
朝と夕方なのであんまり解らないかなぁ

でもこんなに空いてます
CIMG3240.jpg ひろびろ
ちょっと空けすぎか風で倒れない事を祈ります

次に切る時は全部切る時。いつになるやら
元気にさらに成長してくれよ





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。