プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 新年号
2009年1月1日

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします


<招き猫>
 我が家の神棚に百年以上も前から右手を上げた招き猫が座っている。 
CIMG3222.jpg 表情がレトロでしょ
「右手で招くのは人」「左手はお金」 私は幼い頃から聞かされてきた。 観光農園をやっている訳でもないのに、我が家には確かに多くの人がやってくる。
 去年のお茶飲み会には金沢のお茶屋さんを始めたくさんのお客様が来てくれた。 また、生産者グループの視察も5件。ついに鹿児島の農家さんもやってきた。

 決して成功しているとは言えない私の経営の何が参考になるのか疑問だが、快くお引受けしている。 自慢?の茶園を見ていただき、恥ずかしながら私の思う農業を話させてもらっている。
 見たこともない急傾斜の茶園にただ驚かされて帰る人、こんな所でやっているのだからと元気になって帰る人。 愉しい出会いも多く、私にとっても結構ありがたい事と思っている。

 「しみず茶畑塾」を受講してから、歩んできた道がだんだんとまっすぐにつながるようになり、伝えなければいけない事も見えてきた。 明日に向け道幅も拡げ舗装も行い、もう少し速く安全に進めるよう経営改善を進めていきます。
 今年は二車線になりそうなので、財政面強化の為「左手招きの猫」を買おうか。


<招き猫Ⅱ>
 招き猫の事、本当はどうなのか不安になってネットで調べたところ「右手がお金」「左手が人」とありました。反対です。 やはりネコを頼らず、牛の歩みで行こうと思います。
 ちなみに両手を上げている猫は欲張り過ぎて失敗するとの事。
CIMG3221.jpg なかなか可愛らしいのですが
 何故か我が家には万歳猫があるのです。お手上げにならないよう心がけます。


 追伸
 我が家には生きている猫もいます。彼女が家に来たのは7年前。とても食いしん坊でした。 毎朝味噌汁に入れる煮干しを欲しがりました。
 そこで「お座り」と「お手」を仕込みました。今では私たちの食事のたび側に来てお手をします。
CIMG3220.jpg エモです
 ちなみに彼女は右手を上げます。


<見聞録 北九州編>
 11月26日~28日 経営士会茶部会で北九州へ茶業視察に行ってきました。70数名いる会員のうち20名ほどの参加、本県茶業の厳しさを感じました。

 視察のメインは「嬉野地区」と「八女地区」の生産者との意見交換会。どちらの産地も本県同様ここ数年で茶の生産額が30%ほど落ち込んでいるとの事でした。
 「鹿児島はお茶を買ってくれない。静岡が生産流通の中心であることは今も変わらないので、静岡の茶業関係者がリーダーとなって、私達を引っ張って行ってもらいたい。協力します」とハッパを掛けられました。
 私は産地はもちろん茶商間や生産者間の競争ばかりに目を向けるのではなく、お茶の消費がどうしたら増えるのか業界が一つとなって考えて行くことが一番必要な事だと感じました。

 また、八女から1時間ほど山あいに入ったとても元気な星野製茶(株)を視察しました。地域の荒茶(玉露など)を仕入れ、仕上げをして全国に販売しています。
 大きなテン茶工場もあり、地元の生葉を加工してお抹茶も作っています。さらに、社員の多くは日本茶インストラクターを取得し、茶文化の普及にも力を入れています。
 星野村は茶園面積も増えているとのこと。同じ山間地で茶業を営む者としては、とても参考になりました。  
                            ゆたか

 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。