プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京方面 視察
20年10月21日 22日

JAしみず青壮年部の視察で東京、千葉に行ってきました。
まずはJA東京中央 二子玉川ファーマーズマーケットです
CIMG3022.jpg CIMG3023.jpg
外観、内装はこんな感じ。
ファーマーズマーケットって清水で言う野菜村です。
やはり農家さんからの直接で、しかも朝どり。人気がありますね
ただ、野菜村との大きな違いがあります。
言っていいのか悪いのか、農家さんの余裕が違います。趣味の世界だと職員さんが言ってました

この建物の二回はレストランになってます。
CIMG3026.jpg CIMG3027.jpg
こんな感じでしゃれています。当然自然食みたいで、体に良さそうな気がします。
そんなに安い値段ではありません。休日ではありません。
しかし、入れ替わり立ち替わり奥様方がやってきます。
月曜日が定休日だそうで、定休日にはお料理教室なんかもやっているのだそうだ

続いて表参道ヒルズからちょっと中に入った喫茶店「茶茶の間」へ
CIMG3028.jpg CIMG3030.jpg
この建物の1階です。外には新鮮野菜屋さんが店を開いていました。

メニューはこんな感じ。店主さんがそれぞれにコメントを書いてあります
CIMG3029.jpg 結構種類が豊富 
甘味、旨味、渋味、香気、希少性のグラフ付き
自分の好みを見つけやすい工夫かな。

ちなみに僕が注文してでてきたお茶がこちら。
CIMG3031.jpg 飲み終わりじゃないよ
正直言って眼を疑いました。何ccだこりゃ

ちなみにもうひとつのなんだこりゃ。
CIMG3032.jpg 氷です
小皿に茶葉を盛って、少しお湯をかける。
そして氷を乗せて氷とけ水を茶碗に入れて飲む。

店主さんいわく、これが一番うまく出るのだそうです。
正直言ってまったくデタラメ。だが研究熱心で斬新
今までの茶に対するイメージが180度変わるだろうと思う。
このパフォーマンスはオドロキで忘れられない。誰かを驚かしに連れて行きたくなる。
都会向きなんでしょうね

表参道から歩いて原宿の紀ノ国屋をチラ見
CIMG3034.jpg CIMG3037.jpg
スダチが2個で350円 栗が一袋1000円
見た目はそんなにスペシャル品質とは思わないのですが…

こちらはゆず。
CIMG3033.jpg 1個600円…
確かに綺麗なゆずです。手がかかっているのがわかります。が、600円…
紀ノ国屋ブランド恐るべし

こう言ったところで新宿プリンスホテルで一泊

次の日は千葉のダイエーへ。
CIMG3048.jpg CIMG3047.jpg
郊外のスーパーって感じ。裏は「県庁の星」という映画に出てくるスーパーみたい

やはり生産者は気になります。
CIMG3041.jpg CIMG3043.jpg
紀ノ国屋の品質には劣ります。特にクリ。色、つや、悪いです。それでも500円。
大手スーパーでもやはり高い。

田舎に町の人がドライブに来て、無人販売で野菜や果物を大量に買って行く気が解った気がしました。個の品質でこの値段って感じなんでしょうね

こんな感じで一泊二日の視察が終わりました。

ファーマーズマーケットでは都会の消費者が、安心安全を強く願っている形を見れました。
二子玉川と言う土地柄もあるのでしょうが、少々高くても安心を求める。
国はもっと人を見た方がいいのではないか。なんてことを考えてしまったりして

茶茶の間では、今までのお茶の文化では、太刀打ちできないお茶屋さんの現実を見せつけられました。店長さんの自信あふれる気持ちが伝わってきました。

紀ノ国屋では、この値段じゃなくては売れないのだろう。と、ブランド力を見せてもらいました。
紀ノ国屋でしか買い物をしませんって方もきっといるのだろうし。都会ならでは…かな

ダイエーでは、流通コストをのぞき見ることができました。こんな物がこの値段。これは流通コストとしか考えられませんでした 

都会に住むと言う事は、交通の便や情報の早さ、住居性や職などの便利をお金で買っているのかなと思いました。給料が良くても家賃や食べ物の値段が高ければ同じですよね。
それ以上に魅力があるから皆都会で生活しているのでしょうけど

電車移動でくたびれましたが、勉強になりました
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
でも、こっちの方がいいよ。
楽しかったみたいな様子。
いいな~。
都会もおもしろいけど、
田舎の方が心身健康で、
いられるように感じますよ~。
私、静岡好きですね♪
【2008/10/25 01:15】 URL | ゆう #- [ 編集]


>ゆうさん
田舎の方が何と言うか、人間らしい…みたいな。
他人との横のつながりが暖かいですよね。
そうそう、ゆうさんの本で勉強していきました!
お店の様子が的確に記されていると思いました。
おいしい味は決して一つではない。ちょっぴり刺激を加えたい。
言っている意味がわかりましたよ。参考になりました (^^)b
【2008/10/25 08:40】 URL | じろー #- [ 編集]

なし
表参道ヒルズの喫茶店、おもしろいです(笑)
お茶の低温抽出ってゆうのは意外と知られてないんですよね。
僕の友達、普通に熱湯で煎茶を飲んでる人多かったですi-229
もったいない;;

注文されたお茶(少ないやつです)、玉露ですか??
湯のみちっちゃすぎますね(笑)
【2008/10/28 21:29】 URL | ハットリ #- [ 編集]


>ハットリさん
えっ…って感じですよ!玉露ではなくて普通煎茶です。
「静7132」という品種で、ほのかに桜葉の香りがすると言われるものです。
このお店では「さくらかおり」っていう商品でしたが、清水では「まちこ」という商品で売り出しているんですよ。
実際さくらかおりが桜葉の香りがしたかと言うと、ちょっとわかりませんでした(^^;)
お客さんにお茶を飲む時間を楽しませる技術は感心しましたよ(^^)b
【2008/10/30 17:28】 URL | じろー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。