プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一本杉誕生
13年3月25日

井の久保(いのくぼ・園地名)にあるネットの畑の隅に大きな杉の木と小さい檜があります。
右の檜と、大きい杉の裏側に小さい檜が隠れています。計4本
DSC_0039a.jpg
この畑のお茶は、かぶせ茶「翠」になります

この木のなにが問題かと言いますと、花粉。ではなくて葉です。
2013-03-25 113536 落ちてきて樹上にのります。
そして新芽に混入する恐れがあるので、毎回手で取らなくてはいけないストレスが!
豊好園の木では無いので勝手に切るわけにもいかず…。

まぁ仕方ないな~と気にもしていなかったのですが、ひょんな事から持ち主さんが切っても良いよ~との事 ありがたく切らせていただきます。 

小さい檜は倒しましたが、杉は大きくてなんとなく神社の木のようなオーラがあったので残す事にしました。
2013-03-25 094345 枝打ちに変更
自分も豊も地に足付いた生活を心がけていますので、高所恐怖症

茶工房仲間「よねづ園」の米津さんに依頼。
米津さんは造園業との兼業農家。この手の仕事はプロです

昼までで終わりにしました。
使ったロープから計算すると、だいたい20mの木でした。
CIMG1960z.jpg
回りに何も無くなったので、なんだか目立つ。
井ノ久保のシンボルにしましょう


掘りたてすぐ茹でたけのこ、始まったばかり!受付中
スポンサーサイト
両河内のたけのこ
13年3月23日

今年はタケノコが遅いです。
豊好園はお茶の前にたけのこ農家になります
2013-03-23 125236
しっかり間引いて光を地面に当てます。

間引いて横になっている竹を片付けに来たのですが、見つけたので掘ってみました。
2013-03-23 125230
2013年第1号です

春到来ですね
まだ本気で出てくる気配が無いので、ご予約いただいているお客様にはお待たせしております。
なにぶん自然が相手なのでお許しください

近日正式にブログで注文開始ご案内しますね

清水のわらび
13年3月22日

暖かい日が続きます。
豊好園のワラビもそろそろ出てくるかな?と言う事で地上部を刈ります。
2013-03-22 103809
ここがまた急斜面!
解りにくい写真ですが、スキー場の上級者なんて比じゃないです。
階段より急です

林の中の陽だまりのような場所。
2013-03-22 113453
熊手で綺麗にして肥料をまいて準備OK!

さぁ出て来い
雨通過後
13年3月19日

18日の夜の雨の後。
2013-03-19 114728
いいじゃない!?

これだけの被害ですみました。
2013-03-19 114659
どうしても急傾斜の改植は雨の被害がつきもの。

その被害を抑えるためにクワで均して良かった
出来る限りこのまま夏を乗り切ってほしいものです
雨の前にっ!
13年3月18日

昨日、清水森林公園の桜まつりにちょこっと顔を出し、春を感じました
2013-03-17 114943
山桜はピンクでかわいい感じですね!

そんな17日とは打って変わって今日の天気は下り模様。
豊好園の一番急な畑を改植し、新たに「さえあかり」が植えられました

ちなみに急傾斜の畑の悩みは、大雨で畑に上から下へ水道が出来てしまう事。
植えた後や足跡に水がたまり、ダム崩壊!となり、水道を作りながら流れる。
2013-03-18 131004
その水道が出来にくいように平らにならします!
12通り!腰痛って~
でもまぁなんとか雨前にやれました

今夜は大雨の模様。明日が怖いよ


越冬!?
13年3月14日

急に暖かくなったと思ったら、天気予報通り寒い雨が降りました。
そんな中、茶工房の仲間農家「豊香園」の細川さんの畑の春ならしをしていました。

茶畑の隅に、昔使っていたタンクがあります。
2013-03-14 114558
コエダメではありませんよ!
防除用のタンクです。昔は道が無いので、山に貯水出来るタンクを作ったんですね。今はトラックの荷台でOKなので使っていないんです。
足を落とさないように注意

ん?良く見たらオタマジャクシが沢山いるではありませんか!?
2013-03-14 114550
これはいったい…。この水凍るよ?

カエルは越冬しますが、オタマジャクシも越冬するんですかね?
と思いウィキペディア。

なんと越冬する奴がいましたウシガエルとツチガエルのようです。
ウシガエルのオタマジャクシっていう写真の奴とは遥かに小さいのでツチガエルかなぁ。
それとも子供のウシガエルオタマジャクシかなぁ。

そもそも早めに動きだしたカエルが産卵した!?
どちらにせよ生物が動き出すと春も本番ですね





産地協議会2013②
13年3月8日

①の続き。

小島さんの次は成茶加納さんに行きました。只今外装お直し中。
DSC03966.jpg DSC03967.jpg
加納さんは深蒸し茶を主に扱うお店です。座るための茶箱発見!
深蒸し茶の中に両河内の形のあるお茶をブレンドしてお茶を作る。
川根や本山よりも両河内は強い火入れに耐えられる。
飲んだ後の香りが良いんだ!と両河内を褒めてくれました

続いて静岡の町中にある小山園
DSC03968.jpg DSC03969.jpg
小山園は老舗の小売り店です。
ただお茶を売るだけではだめ。いろんな事をしています。
その一つに水筒を持って行けば無料でお茶を淹れてくれます
静岡の町中歩くなら水筒持参で!夏は冷茶です

そんな3時間を過ごしたらホテルセンチュリー静岡で懇親会
DSC03970.jpg DSC03971.jpg
問屋さんも来てくれて、親睦を深めました。

問屋さん、この先形状のある山のお茶が生産者不足で手に入らなくなるよ!
清水の両河内にはまだ若い生産者がたくさんいます。

本山ばかり見ていないで今のうちに両河内を青田買いした方がいいんじゃない?
なんてね

そんな1日でした



産地協議会2013①
13年3月8日

両河内茶業会の産地協議会が開催されました。
DSC03954.jpg
今年は静岡茶市場です。

問屋さんが欲しいお茶と農家のお茶を持ちよって並べて研究。
DSC03955.jpg DSC03956.jpg
何日のお茶なのかが解ればもっと良かったけど、参考になりました。
1つはっきりした事は、火香が強いお茶が多いなぁと言う事。豊好園とは違う事

その後は皆と別行動。
まずは茶ッフルが有名な茶町KINZABUROです。
DSC03957.jpg DSC03961.jpg
1階がスイーツで、2階でお茶がタダで飲める。
お茶とは何か。都内アンケート結果では「やすらぎやくつろぎ」だそうです。
と言う事で、お茶が脇役で支える長く居てもOKなスイーツ店です。

続いて小島商店静岡本山茶がメインなお茶屋さん。
DSC03965.jpg DSC03964.jpg
発酵茶や熟成茶も扱っています。
なんと全国に10人といない10段茶師がおります
自分のお茶も評価してもらいたいです

この2軒とも豊好園のお茶は扱っておりません。
しかも扱って下さい!的な訪問ではありません。
なぜ行くの?話が聞いてみたかったから

こんな感じで後半に続きます。
両中卒業記念闘茶会2013
13年3月8日

この時期の恒例行事、両河内中学校の卒業記念闘茶会に裏方で参加しました。
DSC03944.jpg
我が母校。両中。

闘茶会といっても難しくすると自分たちでも解らないので、緑茶・烏龍茶・紅茶などを使って行っています。
5種類のお茶を当てるのですが、それだけではつまらない。競技に使わないプーアールやかぶせ茶、ジャスミンなども試飲させて、世界のお茶を紹介しています。
DSC03948.jpg DSC03947.jpg
時間が無いのでザックリお茶の歴史なんかも紹介して試飲スタート
DSC03950.jpg
1つ飲んではメモに行く学生なんかもいたりして、なかなか真剣な感じ♪

競技が始まり、自分は淹れるのを頑張りました!

全3年生で27人。
DSC03953.jpg
13人が全問正解おめでとう

お茶淹れ教室ってのも良いのですが、闘茶は競技。
競技になると人ってのは何故か当ててやる!的な雰囲気になります。
普段気にせず飲んでるお茶を集中してじっと見たりして

4月からは高校生。
ガッツリ親に甘えて楽しい未成年ライフを満喫して下さいな



研究発表会2013
13年3月7日

静岡県茶業試験場の研究発表会に行ってきました。
場所は毎年恒例の菊川市にあるアエルです。
DSC03933.jpg
いつ来てもおかしな雰囲気だ。中はもっと奇抜な?デザイン。

当然前気味に座ります。
DSC03934.jpg
後ろは人いっぱいです。

気になった発表の1つ。20代と60代が何を飲んでいるか。
DSC03935.jpg DSC03937.jpg
20代 水・コーヒー・緑茶 に対して 60代 コーヒー・緑茶・水
60代は全体的に毎日飲んでいますね。そこなんですが、この60代の方々は昔からこんなに飲んでいたのか?そこがきになりました。
今の60代が20代の頃にこんなに飲んでいたのか?急須使っていた?
歳を取ってスローな時間が増えた事で飲むようになった。と考える事はあさはか?

まぁどちらにせよまだお茶は上位な飲み物。
まだまだ捨てたもんじゃないです

さて、この発表会のもう一つのイベント。
新品種茶の試飲会。
DSC03938.jpg
香駿とつゆひかりは香り系で試飲させていました。
ゆめするがと名も無い新品種候補は初飲みです。

実は豊好園にもゆめするがありますが、自分は飲んだ事なかった。
でもねぇ、やっぱり自分のお茶で飲みたいね。あと2年待ってね!

消費者さんに品種の説明をしているたびに、自分も品種マニアになっているんじゃないか!?と思い始めて来ました名も無い新品種も豊好園に来る予定です。

こうして品種が増えていく豊好園でした…。
フーデックス2013
13年3月5~6日

フーデックスジャパン2013に出展してきました!
DSC03928.jpg
広い!幕張メッセです。

もちろん苺が浮かぶ、紅茶。の宣伝です。
DSC03925.jpg
世界緑茶コンテスト2012の入賞作品者にブースが少し与えられます。

それにしてもこの広さ!反対側の建物もまだあります。
DSC03927.jpg
世界中からさまざまな食品が試飲試食。全部回りきれない!?
って回ってる暇が無いので残念無念でした。

写真撮ったのですが、どうやら撮影禁止のようでしたので、これくらいにしておきます

苺紅茶、おかげさまで大人気。
今年度産は販売終了とさせていただきます!

話を聞いてくれた方に供給できないと言う事が無いよう、来年度はガッチリ生産いたします
その前に1番茶もそろそろ動き出す。

楽しい季節がやってきます!頑張ります



6寸の蒸し機
13年3月2日

寒い2月が終わり、3月になりました。

今回はお茶の「蒸し」の話。
豊好園のお茶は形状のある浅蒸し茶です。ピンと伸びたお茶
粋
お茶の蒸しと言うのは、蒸し機を生葉が通過する時間で決まります。
そんな蒸し機、長く通過する限界があれば早く出す限界もある。

豊好園の35kラインでは7寸の蒸し機を使っておりました。(120kラインは8寸)
今の蒸し機では最短でも20秒が限界。ホントはもっと短くしたかった!

そこで以前からもっと小さい6寸の蒸し機が欲しいよ~といろんな所に言い続けていました
言い続けるもんですね。出ました6寸
CIMG1930a.jpg
静岡の丸子の農家さんが辞めると言う事で、他生産者さんから話が来ました。
聞くとその方、手揉みの名人のようで静岡県の?無形文化財の方。
そんな方を支えてきた蒸し機です
年式の割にガタが無く、大切に使われてきた感があり品質的にも最高。
これからは豊好園で品評会挑戦するために力を貸してもらいます

蒸し胴の網も丸いまま。
CIMG1933a.jpg
見にくいけど攪拌も小さいなぁ。軽いよ

最初は1番茶後に入れようかと思いましたが、今年の1番茶の前に入れる事にしました
こんな機械が目の前にあれば我慢出来ん!

あ~早くお茶出てこないかな



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。