プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新商品セレクション
12年10月31日

またもや苺が浮かぶ、紅茶。ねたです。

ふじのくに新商品セレクション
受賞しました!!
IMG01469-20121031-1048.jpg
前列左から2番目。我らが海野農園の専務が!
やりましたね
これで静岡を代表する商品の仲間入りです。同期認定の誰よりも目立つ商品になりましょう

表彰式の後は懇親会&商談会
IMG01471-20121031-1115.jpg
大混雑!バイヤー・メディア・県職員。どれが一番面白いネタだったのかな?
静岡県は食の宝庫です。

その中の堀江養鶏さんの「天城軍鶏」をいただいてしまいました!
堀江さんが言うには、今朝肉にしたものなので、半生で食べれるそうです。
と言うか半生で塩で食べるのがオススメだそうで。
DSC03800.jpg
半生鶏肉の感想。

牛肉のような感じでした。刺身?
感想はどうであれ、臭くなくてうまい!

新鮮なのは間違いないのですが、それ以上にこだわりの肉なんだな~と感じれました。
食セレクション、新商品セレクション恐るべし。

さすが静岡県認定!そんなすばらしい商品の仲間入りが出来たことに感謝。
これからがスタート!頑張ろう!



スポンサーサイト
中学校茶園管理
12年10月24日

豊好園は両河内中学校の茶園を管理しています。
IMG01457-20121024-0816.jpg
15a位かな。

今回は秋ならし。
IMG01458-20121024-0906.jpg
よっしゃっ!とな。

この畑は生徒達が手摘みをします。
IMG01459-20121024-0906.jpg
これからの冬は厳しいので、この面はガード用みたいなものです。
春にもう一度やるので良し!

それにしても猪は困ったもんです


豊好園です
12年10月22日

とびっきり静岡を見てここを覗いた方。はじめまして!

バイクマニアの片平です
いえいえ、お茶農家です

放送で品種茶というワードが出てきていましたが、皆さん品種茶をご存じでしょうか?

ぶどうで言えばピオーネやマスカットように、ぶどうですが味が違うやつです。
ひそかにお茶にもソレがあるのです。↓豊好園の品種茶シリーズ
DSC01006.jpg
お茶の品種名で思いつくのが「やぶきた」でしょう。
というかそれ以外は聞きませんよね?それほどシェア率も高く、優秀品種なのです。

鹿児島から新潟まで(それ以上北は寒くて営業にならないそうです)日本中で栽培されています。
そんな優秀なやぶきただけ栽培していれば良いのですが、工場を動かす上で壁にぶち当たります。

1番茶の期間が短いのです

お茶は実のなる物と違って、面積での収穫量が決まっていません。
小さい芽で摘めば高品質ですが量はとれない。
かといって量を取れば品質低下で安い。

当然、早場所と遅場所で芽の出るタイミングが違うので、畑ごとの収穫の順番待ちのようになります。
工場の生産可能量と面積が合っていれば、うまく切り抜けれます。が、それでは1週間位で終了。という工場が遊んでる状態が長く、無駄と言う事になります。

そこで品種茶の出番。

お茶の品種は味の違いよりも早生品種か晩生品種かという事の方が重視されて来たように感じます。
もちろん「やぶきた」よりも早生・晩生と言う事になります。

早場所に早生品種を。遅場所に晩生品種を。
こうする事によって長い期間、常に良い芽で収穫する事が出来ます。

豊好園の品種はそこから始まったのです
そしてお茶栽培マニアの豊は品種茶の虜になりました…。

品種茶がメジャーにならない理由はお茶の流通にあると思います。
お茶は「合組・ごうぐみ」をして深くおいしくなります。あ、ブレンドです。

なので品種1本で売る事はなかなか無かったのでしょう。

最近は「香駿」や「つゆひかり」のような香りに特徴のある品種が増えて来ました。
お茶なりに消費者のニーズに応えてるのでしょうね。

しかし、その違いはぶどうのようではなく、米のような感じ。
言われて飲んで「確かにいつもと違う気がする…」と言った感じ。

そんなマイナーな品種茶をこれだけそろえてどうするの!?
と昔は豊に言ったもんです。

でも今となればその品種茶のおかげでちょっと目立ってきましたし、品種茶をブレンドして作られる「」「東風」や「あおい」は他の農家さんの同クラスのお茶とはちょっと違います。(もちろん好き嫌いはあります)

かぶせおくゆたかや玉露やまかいもなかなか面白いものです。

そんな変わった農家が豊好園だと言う事です。

長々読んでいただいてありがとうございました。
ただのバイクばかでは無いぞ!とも言いたいのですが、まぁ僕はバイクばかでいいです

11月23日の勤労感謝の日には豊好園感謝祭「お茶飲み会」を自宅で開催いたします。去年の様子はこちら

お時間があるようでしたらお友達と田舎に良いお茶飲みに遊びに来て下さい


駿河湾レシピ
12年10月17日

エムスクエアラボさんが主催の勉強会に参加してきました。
場所は清水駅すぐそばホテルクエスト清水です。

クエストさんは、駿河湾レシピと言う料理を展開しています。
駿河湾レシピとは、料理の常識からちょっと離れた感じな料理です。

普通、料理の単価を上げると高級食材を使います。
ですが、クエストさんではそればかりが料理ではない。という事で健康志向なフルコースを開発しているのです
きっかけは、市内の病院の食事を作ると言うところから始まったそうで、糖尿病患者さん・予備軍が多いという事実、そしてその方々は制限された食事を食べていると言う事がヒントだったそうです。

食材の栄養を調べ、できる限り油は使わない。でも食のプロとしておいしさは損ねてはいけない。
シェフが考え抜いて開発したものなのです。
IMG01430-20121017-1732.jpg
右のぺペロンチーノ一皿よりも左のフルコースの方がカロリーが低いのです!

そんな料理を開発するにあたり、地元食材と言う物に出会い、その食材を作っている農家と話がしたいと言う事になり、エムスクエアラボが今回の会を主催したのです!

説明が下手ですみません。間違っててもすみません

そして、今回は地元食材を使うと言う事で豊好園は紅茶を提供させていただきました。
IMG01431-20121017-1733.jpg
そしたらゼリーに変身していました
色・紅茶の色です。
香り・豊好園の紅茶の香り(ちょっとパワーアップしてるか?)
味・午○の紅茶のようなスッキリした甘さ。美味しいっ

これ定番ゼリーにならないかな…。ほんと美味しかったです。

その他野菜農家さん達の自慢の野菜もヘルシーさを感じさせないフルコースでした!
自分の作物がどのような栄養素なのか?考えてもいない人が多い。当然か

それでも可能性はかなりある食事の登場に感激した夜でした。



TVの取材来ました。
12年10月15日

15日にどこだかテレビの取材が来るみたいよ。あんたいる?
と母に言われていました。

なんだか良くわからないからとりあえず放置。
いざ当日がやってきました。

朝日テレビの夕方の番組「とびっきり静岡」の中の一つで
どうやら両河内の秋の食べ物特集のようでした。

そんな両河内の食べ物の一つ「栗」
そう、栗担当が豊好園でした

ですが、せっかくの両河内。
「お茶」は外せないでしょ!という事でしっかりお茶も出演

でもね、新茶の時期じゃないので「苺が浮かぶ、紅茶。」です。
DSC03770.jpg
ん?苺が浮かぶ、紅茶。の話…。俺じゃないの
なんで母がペラペラと!でもまぁいいか。詰め職人だから

スタッフさんの中に画面が。
DSC03771.jpg リアルタイムなテレビですよ!
なんか不思議。でも便利なんだろうなぁ。確認し放題だもんね。

その後に「栗の渋皮煮」と「栗のフライ」を紹介。
写真はね~。いつもの過ぎて取り忘れました。
渋皮煮は甘すぎない上品な感じ。フライは酒のつまみにぴったり!

その後にお茶の話。自分の出番でした。
品種茶がたくさんあるのは何故だ!?的な話でしたよ。

収録の途中一つ気がついた。
カメラを向けられ、今年入社の牧野アナ(アナウンサー?この場合リポーター?)と会話形式の収録。
カメラ意識しないで普通に会話してくださいとディレクターさんに言われていました。

ん~。距離が近いな…。牧野アナめっちゃ綺麗
なんだかラッキー

収録終わりは記念写真
DSC03774.jpg
ちょうど母の友達の日本茶インストラクターの方が訪ねてきたので一緒に。
お母様方大喜び

最後はスタッフさんにも食べてもらいました。ご苦労様でした!
DSC03776.jpg
そして「里芋」の収録に旅立っていきました。

あ、放送は22日の月曜日だそうです。
どうなることやら
秋ならし始まる
24年10月12日

秋冬番が終わりました!長い10日間でした。

秋冬番が終われば来年の準備です。
刈った後の面を綺麗にしてあげる作業「秋ならし」です。
CIMG1796q.jpg
右が刈りっぱなし。左がならし後。
日の加減で見にくいですが、現場では綺麗になってます

ならす深さは緑の茎が無くなる位の深さです。
CIMG1797q.jpg
秋ならしはならし機を使います。(ちょっと改造されてますが)

機械を2人で持って歩き続ける。ひたすら歩くのです。
頭の中は暇になってきます…。

ある時は今の茶園の状態を見ながらならし。
ある時は今後の豊好園の経営を考えたり。
ある時はただ適当な歌がローテーション。

ここで一句。
カマキリが 斧振りかざす 秋ならし
同業者しか解らんですな

ではまた


秋のお茶摘み
12年10月7日

ネクトに持って行ってる秋冬番も終わりが見えて来ました。

そんな中、清水区にある特別支援学校の生徒さん親御さん先生たち約80人!の大所帯が秋のお茶摘みにやってきました。
CIMG1781a.jpg
皆にお茶摘みの説明をしてスタート!
CIMG1782a.jpg 2時間で25kgの生葉が集まりました。
秋の芽でも結構良い感じですね~。

午後はすぐに製茶。
CIMG1790a.jpg 茶工場の仕組みを説明したりして…。

頭と粉を抜いて簡単に仕上げたら、秋冬番とは明らかに違うお茶になりました
CIMG1794a.jpg
見た感じは2番茶か1番茶の最後のほう位かな?

本茶3.5kg 頭1.5kg 粉500g
歩留まりは1/5。良いお茶でした。

みんな楽しんでもらえたみたいで良かったです
明日からまた秋冬番頑張ります!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。