プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摘採しました
12年4月26日

懐かしの手鋏での摘採。
CIMG1249a.jpg
何年振りだろうか…。昔はのどかだった

そしてせいろで蒸かして棚乾で乾燥工程。
CIMG1262a.jpg CIMG1267a.jpg
CIMG1269a.jpg CIMG1270a.jpg
たまに手で揉捻機の役割をします。そして完成

って飲料茶ではありません!
去年痛いめをみたセシウム検査です

JA清水は厚生労働省認定の簡易検査機を導入しました。そして毎日お茶の検査をしています。
今回のお茶はと言うと、検出限界値以下でした!

JAの職員さんが言うには、検出限界地以上の物は今の所無いそうです。
これから盛りを迎えても、全て検査します。

そして安心を証明して見せます!
静岡茶の復活を僕たちも手助けせねば


スポンサーサイト
HP完成です!
お茶シーズンももう間近の中
  ホームページ完成しました(^^)/

茶工房 豊好園で検索してやっと7個目位の位置です

まだまだ商品が手元に無いので販売出来ませんが、ボチボチ運営していきますのでよろしくお願いします


栽培は楽しい
12年4月19日

少しさかのぼりますが…。

両河内の冬は寒くて、春になると植物が生長するので楽しいです。
CIMG1184q.jpg
ミニトマト植えました。耕運機3兄弟

「アイコ」と「イエローアイコ」
CIMG1185.jpg CIMG1186q.jpg
どっちがどっちか忘れました

オクラも枝豆も芽が出ました!
CIMG1190q.jpg CIMG1188.jpg
トウモロコシも良かった。
CIMG1189a.jpg CIMG1187a.jpg
アスパラも勢い付いて出て来ました。

いろんな昆虫も動き出します。
これから生命が活発になるんですね。当たり前ですが

すでに収穫が楽しみ

24年度初取引
12年4月23日

初取引がやってきました。
DSC02673.jpg あいにくの雨
静岡茶市場です

式が始まる頃にはギュウギュウでした!
DSC02677.jpg DSC02678.jpg
おじさんがいっぱーい

皆で3本占め
DSC02681.jpg

両河内茶業会の高根の香(はな)は大賑わい
DSC02690.jpg DSC02696.jpg
買った和田商店の社長も満足です。

両河内茶業会の皆の思いが詰まったお茶です。
DSC02693.jpg
細くて値段に恥じない良いお茶です

両河内の盛は10日は後でしょう。
でもすでに気持ちは全開モード!

さぁ来~い



栗の接木
12年4月21日

お茶が始まるその前にやっておかなくてはいけない事があります。
ビニールの中に穂木があります。接ぎ木テープと刃物は40年物か!?
CIMG1211q.jpg
そう、栗の接木です!
なぜ接木なのかと言いますと、品種が解らないからです勝手にマロンドールと名づけました。

穂木をV字に切って、台木の切れ込みにはめてテープで巻く。
CIMG1212a.jpg 穂ぎはグルグル巻き。
これでOKなハズです。

1本に2本接いでみました。
CIMG1213a.jpg
これが5本。さて10個中何個成功するでしょうか
両河内のお茶
12年4月20日

4月23日の静岡茶市場初取引のために栽培されている畑のお茶摘みを行いました。
両河内は23日では間にあわないのでハウスです。
CIMG1195q.jpg
この畑は両河内茶業会の物で両河内のお茶農家さんが交代で世話をしている、両河内の顔です。
皆でお茶摘みです。

丁寧に摘み取られたお茶をすぐさま製茶します。
茶業会役員とJA職員さんで揉みます。
CIMG1197q.jpg CIMG1199q.jpg

CIMG1201q.jpg CIMG1202q.jpg

CIMG1203q.jpg CIMG1205q.jpg

CIMG1206q.jpg CIMG1209q.jpg
1つのお茶をこんなに大勢で取り囲む。家で言えば第1子ですね

そうして揉まれたお茶がこちら。
CIMG1210q.jpg
まだ仕上げをしていませんが、なかなか良いものになったと思います。

摘み取られた後の畑は来年に向けスタートします。
CIMG1196q.jpg
さぁ、23日の初取引。今年も始まります
ちょっと余談
12年4月10日

まだ幼木のこの品種、名前を「やぶかも」と言います。
正確にいえば、品種名ではなく豊好園の通称です
(この写真を見ておかしいと思った方はお茶の木を良く見てる方です。)
DSC02621.jpg
なぜ「やぶかも」と言うと、やぶきた「かも」しれないからです。
それは、やぶきたが植えてあった畑を改植し、他品種にした畑のすみっこにあったからです。

茶園を改植すると、茶の木の根が少なからず残ります。
その根から芽が出てくる事があるのです

今その畑は「かなやみどり」になっているのですが、どう見ても「かなやみどり」じゃない。
じゃあ「やぶきた」か?
DSC02624.jpg DSC02620.jpg
左が本物「やぶきた」右が「やぶかも」。同じ畑です。

明らかに違います
DSC02665.jpg
葉の間隔が短く葉の向きが1列…。
普通は葉の向きがバラバラになってしまいます。
1番上の写真の意味が解ったと思います

やぶきたの実生かなぁ…。
なんだかムカデみたいで気持ち悪いけど気になるので少し栽培してみてます

豊に会ったら「やぶかも」の話を聞いてみて下さい
わらび来た~
12年4月13日

タケノコも盛りに入りだす頃、一気にワラビが吹き出て来ます
DSC02635.jpg
1日の成長量はかなり早いです。

今年は表面の雑草たちをやたら綺麗にしたので見やすいです
DSC02639.jpg
真理子が収穫中 転げ落ちそうだそうです。

ちょっとの時間でビクが一杯になりました
DSC02642.jpg
このワラビは地元の特産品売り場に持っていきま~す。

ちなみにワラビはアク抜きが必要です。
①トレーにワラビを並べて、炭酸(重曹)をパラパラっとふります。
(昔はアク抜きに灰を使っていましたが、洗うのが大変なので今は炭酸を使っています)
②熱湯を浸るまでかけ、浮かばないように軽く押さえつけておきます。
③一晩寝かせたら、洗って完成です

今しか食べられない「わらび」ぜひ見かけたら食べて下さい


新旧組織茶業部会
12年4月12日

JAしみずの新旧組織茶業部会に出席してきました。
DSC02643.jpg
本店です。

なぜ豊好園が組織茶業部会?と思った方…。業界人だね!
豊好園は自園自製の農家なので、自園部会のようですが、茶工房という自園があつまった共同工場体なので組織茶業というくくりのようです。

そんな茶工房枠の代表を今年は僕がやらせていただきました。

おお、リアル会議
DSC02644.jpg
清水のお茶は昨年セシウムの問題で大変な事になりました。

その教訓を生かし、今年の1番茶は徹底して検査するという方向になりました
本来「荒茶」という物は検査対象物では無いそうですが、安全は当然の事、「安心」を清水で証明しなくてはいけない!と言う事で検査します。

現在JAしみずは清水区を500mのメッシュに区画分けし、茶畑の古葉(親葉)の検査を行っています。
DSC02647.jpg DSC02649.jpg
職員さんが交代で1日中検査しまくってます
結果は問題無し!というレベルだそうです。

古葉の検査では想像でしかないので、数か所簡易ハウスを作り早出しをしています。
DSC02654.jpg
この新芽は検査のための物。良い結果を期待しています

最後は頑張ろう会
DSC02662.jpg
おじさま方、貴重なお話ありがとうございます。

それにしても酒飲みすぎ
23日が静岡茶市場初取引。検出されずを祈ります
乗り越えた
12年4月12日

やっと遅霜の呪縛から解放されました!(と思います)
CIMG1158q.jpg
両河内は霧の中。

豊好園の早生品種は日曜日の寒波でも生き残っていました
やまかいとさえみどり
CIMG1159y.jpg CIMG1161s.jpg

めいりょくとそうふう
CIMG1163m.jpg CIMG1164so.jpg

山の息吹とおおいわせ
CIMG1165ya.jpg CIMG1166o.jpg
この6種類は4月中に行けるかな~?

おまけでつゆひかり
CIMG1167t.jpg
場所によりますが、やぶきたはつゆひかりと同じ位です。
晩生品種はまだまだ動かず。それで良し。

山間部のお茶も頑張って成長してますよ


芽が出ない
12年4月9日

この前播いた種の発芽率が悪い…。
CIMG1152q.jpg
たまに動いてるのがある位。

トウモロコシは1個だけ。枝豆もポツポツ。
CIMG1153q.jpg CIMG1154q.jpg
やっぱりこの土はまだまだ腐植が少ない。種にとって良い環境ではないみたい。

それと、キノ。クスはやっぱりなんか変だ。
成分が変わったのかな?ちょっと信用ならないです。

どうしようか…。植え直そうかな
さえあかり
12年3月27日

鹿児島県の試験場から新品種「さえあかり」が届きました。
苗は1000本。畑に仮植して一安心

さて、味の方は?
DSC02571.jpg
DSC02573.jpg
さえあかりの両親はさえみどりとZ1。
味、風味はやぶきたに似ていると言われてましたが、明らかにあさつゆでした。
さえみどりの親があさつゆとやぶきた。つまりお爺さん?お婆さん?忘れました!

コーンのようなこもった香り。
次第にアラレのような感じにも思えました。

旨味系の品種ですね4~5年後のお楽しみです

ここからはじまる
12年4月2日

家の前の畑に「やぶきた」を植えました。
CIMG1128.jpg
1500mm×450mmのシングル植えです。
CIMG1129a.jpg
ここも品評会用の畑になります。摘む畑なので植え幅が1500mmと狭いのです。
土がフカフカなので、盛って植えています。雨でしゃがむハズ!

最終的にはハウスにしようかと思っています。
早さでは無くて、雨の日でも適期にお茶摘みが出来るようにです。

まぁ、夢のような話ですがね


掘りたてすぐ茹で筍販売中!詳しくはこちら
掃除開始!
12年3月31日

清水区西里の森林公園内に茶工房はあります。
豊好園がシェアしている工場です。

そろそろ掃除を始めなくては間に合わなくなります。
僕は天井と壁を担当
CIMG1124.jpg
うん。なかなか納得の仕上がり。

大活躍したのがこの道具。
CIMG1126.jpg
シマノスーパーロングエアーガン!4m近くあるかな?
カーボン製なので軽いです先端がしなるので吹き飛ばす感じが良い
CIMG1127.jpg
ファンの所の足場に乗って手を伸ばしていたのが嘘みたい。床から天井が掃除できる

この道具はこの時に茶来まつさかさんの工場で偶然発見したアイデアをパクリました
中村社長!技術盗ませていただきましたありがとうございます

使い方としてはこんな感じでしょうか…。
CIMG1133u.jpg

筍もやっと出始めました。茹で筍を地方発送いたします。詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。