プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャパネットたかだ
23年9月28日~29日

やってきました!山の子山の子交換会
今年からチャパネットたかだの会と言うことにしました。

なんか聞き覚えがあるな~なんて言わないでね。
川根の茶名人、高田農園の高田さんのようになろう!という意味があります。

去年の様子はこちらこちら

今年は中部の視察と言うことで、高田さんちからスタートです。
P1010114.jpg 仕上げ工場です。
大事なのは機械を使いこなす事。機械を理解すれば中のお茶もコントロール出来る。
手揉みをされる方は手揉みの時の感覚を機械に置きかえれる。これはとてもいい事です!

もちろんお茶もいただきました。
P1010120.jpg 奥さんです。
歴史がありそうなお宅だなぁ。

畑です。全部で3.5ヘクタールあるそうです。豊好園とほぼ同じ。
P1010131.jpg
高田さんは70歳。これでもまだまだ改植を止めません。
どんどん新しい畑にしていく。いい畑になる。

お茶を栽培しつつ、イノシシを飼っていたり(今は1頭でMAX時は7頭)、川魚の養殖&燻製加工間でしています。
これは売るわけではなくて、あくまで趣味のようです。とてもおいしいですよ!

二番茶は全て紅茶にしています。紅ふうきのような紅茶品種もどんどん取り入れ、すばらしい紅茶を作っています。その技術を全て教えてくれます。もちろん煎茶も火入れも教えてくれます。

怒っても威張ってもいい事は一つも無い。
その言葉の通りとてもおおらかで、人間的にすばらしい方です。

高田農園には1時間半位しかいれませんでしたが、1日いても面白い農園です。

清沢の大棟さんちに続く。


スポンサーサイト
農道の被害
23年9月23日

友人の家の方が何とかなって、今度は自分たちの被害の把握です。
CIMG0413q.jpg CIMG0416q.jpg
ここは「やまかい」「さえみどり」「やぶきた」が植えてある畑に行く道。

チェーンソーで細かくして土砂はショベルカーで。
崩れたところは市役所に相談。
生コンが出るようならありがたい。出ないようなら自腹で修復です。

ここは「いなぐち」「おくひかり」「静7132」「はるみどり」「ゆめするが」「やぶきた」が植えてある畑に行く道。あぁ、前沢という場所です。
CIMG0443q.jpg 猫背なわたしです。
CIMG0446q.jpg 木の先に行って見ました。
見た先は…。

どないしましょう…。
CIMG0447q.jpg
左に行く道は中部横断道の工事用道路。走ったことがありません。
通らせてくれるかなぁ。そして2月までには何とかなるかなぁ。

畑は全然無事で安心しましたがちょっと不安な園地です。

被害状況
23年9月23日

台風の被害が全国的にわかってまいりました。
ただ、僕たちの地域は停電なのでラジオのみの情報生活でした(23日電気復旧テレビはBSのみOK)

さて、この現場が清水区の裏山が崩れて101歳のおばあさんが亡くなった現場です。
CIMG0411q.jpg
豊好園のすぐそば。右中央に見える竹林が豊好園の竹林です。ほんとにそば。

僕はリフォーム中のはなれにいました。
音とともに外を見たら家が飛ばされていました。僕の友人の家です。
すぐにカッパを着てチェーンソーを持って行きましたが、雨も風もすごくて近づけませんでした。
自分の無力さを知ったし、こんな事があるのか!と思った出来事です。

その日の夕方に雨風が弱くなったので、布沢の人たちでおばあさんの救助をしました。しかし、暗くなってしまったので打ち切りました。
レスキューもここまで来る途中の土砂崩れで辿り着く手段が無くてこれませんでした。

一部報道でおじさんとおばさんは出かけていたと言われたそうですが、二人とも濁流に飲み込まれています。奇跡的に外に放り出されたので助かったんです。出かけていたではなくて、出れたです。

翌日、レスキューが100人くらい来て、おばあさんが見つかりました。
結果はご存知の通り亡くなってしまっていました。

自分に出来ることは東京にいる友人に連絡を取ること。そして足になること。
電波が弱くて困りましたが、なんとか迎えにいけました。

友人と両親が出会い、精神的に弱っていたおじさんおばさんも少し元気になりました。
ほんとに衝撃的な出来事。他人事と思っていたのが現実に。

亡くなったとみさんのご冥福をお祈りします。
ばあちゃん!いままでご苦労様。ありがとね!
アイツしっかりしてるから安心してよ。


台風被害
23年9月22日

21日の台風で両河内は所々で土砂崩れが発生しました。

今のところ豊好園一家は全員無事です。
畑も無事です。

とりあえず。

飲んでみた。
23年9月17日

いや~飲んでみました。伊右衛門グリーンエスプレッソ。
CIMG0392q.jpg
缶が高そうなデザイン。

禁断の中味はこんな感じ。
CIMG0395q.jpg
こいつはペットボトルじゃダメだなぁ。缶で行きましょう。
あ、でもそれは茶業界人としての意見で、消費者の意見としては色が赤いなんてないか

味は、思ったよりも薄い・苦くない。そして粉っぽい。試行錯誤してますね

何よりも感じた事は量。多い。
粉っぽさを抹茶と考えるならば半分でも良いかな。半分でもう少し味を濃くしてダイドーデミ○スコーヒーのような感じで売った方がいいと思った。

ごめんなさい!リピーターを求めている商品とは思えませんでした。
でもどうせ一発屋と考えるならば良いんでしょうが
ペットのお茶も頭打ち。茶飲料は各メーカー「何か」を探っていますね

こんな風に考えながら僕はお茶を飲んでいます
ひねくれてる?いえいえ、メーカーのマーケティングを探っているんです

キ○ンの泡が出るお茶はお茶と言うより柚子だったからな~。
おもしろいなぁ。

是非飲んでみてね





釜炒り茶体験
23年9月17日

静岡市が主催した体験ツアーの中に釜炒り茶体験が組み込まれていました。
体験場所は豊好園です。面白そうだったので受け入れてみました
CIMG0365q.jpg 雨模様…
降ったり止んだり。ん~困った。

13時ちょっと前。親子がやってまいりました。
葉は香駿です。
CIMG0378q.jpg
丁度雨間です。みんな急げ~。
けっこうパパが熱心でオドロキ。いまどきパパは優しいんだね~

30分位でビク3分の1位集め、スタートです。
CIMG0385q.jpg CIMG0367q.jpg 
さすがに20人は狭いか 生葉をフライパンで炒めていきます!

炒めては揉んで炒めては揉んで!繰り返し。
CIMG0382q.jpg CIMG0388q.jpg
CIMG0387q.jpg CIMG0389q.jpg
CIMG0384q.jpg 水分を減らしていきます。
ちょこちょこやけどをしながらですが、釜炒り茶が完成いたしました。
CIMG0390q.jpg
味は秋芽らしいさっぱりした味。香りはほのかに香ばしい。
CIMG0391q.jpg
結構上手に出来たんじゃないかな。

お茶の葉がお茶になる。この事実を目の当たりにできた事が子供たちにとって良かったんじゃないかな?
まぁ体験と言う事はそういう事だね

煎茶では時間がかかり過ぎたり、量が足りなかったりで自分が摘んだお茶!という事が薄れがちですが、釜炒り茶では1時間あれば出来ちゃうからいいかも。

自分ももう少し練習しようかな…。ちょっと釜炒りハマったかも







新たな試み
23年9月16日

数日前さすきの大塚さんが豊好園を訪れた際に「火入れでもっと美味しくなる」と言っていた。

確かに大塚さんが持って来てくれたお茶は良い香りでおいしかった。

で、その時の話に便乗して火入れをしてもらいに行ってきました
IMG00933-20110916-0744.jpg 島田市の初倉にあります。
清水から1時間位かな?朝7時40分ほどについてしまった!

これが大塚さんが言う火入れマシン。
IMG00934-20110916-0748.jpg
日本に数台しかないそうです。

専務自ら火入れをしてくれます。
IMG00936-20110916-0809.jpg
思ったよりもコンパクトなマシンです

上は魚を焼くグリルのような感じ。下はトラフで3段式。
IMG00938-20110916-0810.jpg
風は使わない。お茶が薄く流れていく。焼いているのかな?

火入れは湿度がある方が上手に行く。
IMG00939-20110916-0811.jpgスチームで湿度をあげます。

熱々のお茶が流れてきて、一気に冷まします
IMG00943-20110916-0814.jpg たったこれだけ。

お茶がトラフの上を流れてきて火入れ終了。
凄く簡単と言ったら失礼かもしれないが、棚乾やドラムの火入れ機よりも確実に安定した火入れが可能。温度調節もトラフに温度計があり、デジタル表記。
ガスの量で温度を調節するよりは、トラフと火の距離をかえて(上げたり下げたり)調節。

出口付近の匂いを嗅いで調節します。

豊好園の「東風」を少し火入れしてもらったのですが、正直別物になりました。
うまさは抜群。甘い。おまけに二煎目までうまい!

他のお茶も火入れで顔が変わるのだろうか…。
まだまだ勉強不足。もっと自分のお茶を学ばなくちゃ!

正直仕上げは弱い分野。そこが単一農家の良い所かもしれませんが…。
う~ん。今のままでも好きなんですが、正直悩んでいます

このお茶は少ししかないので限定茶として販売しようと思っています。
もう少し煮詰めて発表します。

大塚さんはビックリするくらい熱心な方で、何でも教えてくれます。
まだ自分は勉強が足りず、話についていくのが大変な時もあります。
もっと深く。もっとお茶を好きにならなくてはいけません

こう言う出会いを刺激的と言うのだろうな~。


畝切りスタート
23年9月14日

彼岸花が咲き始めたのでうね切りをします。
IMG00928-20110914-0830.jpg
中切り後、スクスク育って元気良いです

バリバリ~っと歩いて通路を作ります。
IMG00930-20110914-1102.jpg
9月下旬に秋ならしをするのでその準備です。

ちなみに何故彼岸花が咲いたらなのか?

その前に切ってしまうと気温の関係上再萌芽してしまいます。
再萌芽してしまうと、そのためのエネルギーも使ってしまうし、新芽に虫や病気が出てしまいます。

必要以上農薬は使わない。これが豊好園の方針。
そろそろいいかな~という慣れの仕事は危険もあります。
自然のタイミングは自然が教えてくれる

自然と共に生きてるな~と感じる出来事ですね。



秋が来たぞ~
9月11日

今年も豊好園の栗が落ちてまいりました。
初拾いなのでこれ位ですね。

黄○が45mm以上 青○が40mm以上 赤○が35mm以上 青○が30mm以上です。
IMG00926-20110911-1013.jpg
この栗は品種がわからない豊好園の早生栗です。

この大きさ
IMG00924-20110911-0931.jpg
確かに僕は手が小さい方ですが、50mmクラスもあります
僕のお気に入りの品種です。

今年から45mm以上の大きな栗をマロンドールと名づけました
もちろんサッカーのバロンドールからパクっています
ドールはフランス語で「黄金の~」と言った意味のようで、栗を意味出来るマロンと合体して「黄金の栗」と意味を持たせた豊好園造語です

今年は少ないので1週間位で無くなってしまうかもしれませんが、欲しい方はこちら
全体交流会
23年9月6日

青年農業士の全体交流会がありました。

場所は掛川市にあるキウイフルーツカントリーJAPANです。
IMG00910-20110906-1348.jpg 農業経営士の平野さんの観光農園。
平野さんの今までの話していただきました。
IMG00912-20110906-1407.jpg
キウイフルーツの種をアメリカから持ち帰り始めた農業。

この年代の方の話を聞くと「開拓者」だなぁと感じます。
成功へ突き進む強い信念。「志」。
僕は茶農家として2世。甘んじてはいけない。開拓者の気持ちにならなくては!

あ、さて、刺激的な話を聞いたあとは園内案内です。
IMG00913-20110906-1544.jpg
収穫間近のキウイがたくさん

キウイだけではなく、観光農園。
IMG00916-20110906-1552.jpg IMG00918-20110906-1600.jpg
ヤギや鳥、子豚などの小動物や森の中のツリーハウスなどいろいろ仕掛けがあります

その後はBBQです
IMG00919-20110906-1618.jpg
普段は会う事の無いほかの地区の青年農業氏の方々と話せて楽しかったです

作物・経営体は違えどどこか悩みは似ている農家。
なんだか不思議

夜は百姓のいちごの海野さんと、石垣いちごで観光農園をしている川崎さんと静岡でさらに飲みました

ああ、楽しい。


もう少し!
23年9月3日

リフォーム中のはなれも終盤を迎えてきました。
CIMG0324q.jpg
今日は監督も来ております

寝室の壁が終わりました。なので床を塗ります。
塗るのはやっぱりオスモカラー

監督さんが塗ってくれました
CIMG0326q.jpg 台風で窓締め切り!
ちょっと匂いが心配でしたが全然平気のようでした。さすがオスモカラー
これを塗ると色落ちを抑えます。不思議

僕は何をしてるかと言いますと…
CIMG0332q.jpg
リビングの珪藻土を塗ってますまだまだかかるぜ!

築80年の建物の木は100歳じゃきかないぞ!?
この針は江戸時代生まれなのでは…




とうとう収穫
23年9月2日

とうとうこの時が来た。

始まりは7月14日。みどりのカーテン革命
途中経過は8月3日。順調に育つ。

そして9月2日。
CIMG0322q.jpg 収穫しました。
断髪式みたい

中は熟しておりました。
CIMG0323q.jpg
と言うより熟しすぎておりました

機能性カーテンだ!と楽しんでおりましたが、ここから日が傾いてカーテンが本領発揮するシーズン。
シーズン前に葉が枯れてスカスカカーテンになってしまいました

もう少し長持ちする植物を来年は選ぼう!
学んだひと夏でした


病気始まる
23年8月31日

改植が始まると言うことは…
CIMG0313q.jpg


               ↓こうなると言うことだ


CIMG0319q.jpg
タイヤ積み大好き!
よせがビシッと決まって崩れない
草刈りも簡単になる。上下の段の移動がどこでも行ける

ん~あとは…。リサイクル?リユース?まぁエコだって事。第二のタイヤ生

これからこんな仕事をして春を待つ豊でした

改植始まる
23年8月31日

お茶の仕事もひと段落。これから「改植」が始まります。

今回改植されるのが「おくひかり」
作業性が悪い畑ではありませんが、品種を「はるみどり」にします

ちなみに手前の色が濃いのが「いなぐち」
CIMG0316q.jpg
地元のおじさんにオペレーターしてもらいました。

超絶スピードで半日で終了しました
CIMG0318q.jpg去年改植した所の上です。
ここは前沢という場所。
おくひかり・静7132・いなぐち・やぶきた・はるみどり・ゆめするがと言った面々が植えてあります

場所が遅場所なので、晩生品種が中心。
最終的には静7132・はるみどり・ゆめするが・いなぐちにしようかな~と思案中

品種茶がたくさんあると計画的収穫の幅が広がります

草刈りからの~
23年8月30日

朝番がすごしやすくなってきました。地球って不思議ですね~。

草にはそんな事お構いなし!
IMG00901-20110830-0832.jpg 香駿の畑の斜面です。
草刈り機を使ってバリバリなぎ倒していきます

がしかし、機械の様子がおかしい…。

燃料を送ってスターターロープを引っ張ってスタート!
ブブブブブ~。アクセル開けてブィ~ン!
5秒くらいでブインブブボーンブインブン……。

燃料を送ってスターターロープを引っ張ってスタート!
ブブブブブ~。アクセル開けてブィ~ン!
5秒くらいでブインブブボーンブインブン……。

燃料を送ってスターターロープを引っ張ってスタート!
ブブブブブ~。アクセル開けてブィ~ン!
5秒くらいでブインブブボーンブインブン……。

なんじゃこりゃ!どうしたんだ相棒 志半ばで帰宅

片平農機の出番ですな。
IMG00902-20110830-0923.jpg
真ん中の透明な丸い物(ピポピポと言っている)を押すと赤い線のように燃料が流れます。
始動の際に燃料を送ってやるとは、ピポピポを押すと言う事

そして原因が判明。
戻り側の黄色い矢印の部分に地味な亀裂があり、燃料がうまく吸い上げれなかったようです。

だから送った分だけ動いて止まったのです 機械は正直だ
IMG00906-20110830-0924.jpg これだけ…
切り取って引っ張って差し込んで完了

早速戻ってやっつけました!
IMG00907-20110830-1059.jpg
斜面が崩れないように草を生やしているのですが、ちょっとボリュームを抑えたいですね…。
滑り落ちるし、まぁまぁハードな作業です

草刈りからの農機具修理でした



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。