プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀塊!?
23年5月29日

台風で最後のお茶が刈れません。
でも遅れても良いように仕立ててあるので、芽が無くなってしまう事は無いので大丈夫

そんな中「あおい」の原料が揃ったので、合をして作りました。
原料と言っても全て豊好園のお茶ですよ。

火入れをしたお茶を攪拌して品質を均一にします。
そして、保存の工程「窒素充填」をします。

この銀塊がお茶です。
IMG00719-20110529-1417.jpg
お茶は酸素が大嫌い。だから真空にしてあげます。
真空だとガッチガチだから少し窒素を入れてあげます。

ちょっと方法は違いますがポテトチップスも窒素充填ですね

このように窒素充填したお茶を冷蔵庫に保存し、一年中販売出来るのですね。
豊好園の秘蔵っ子も窒素充填のおかげ。窒素充填は凄いです。

豊好園の緑茶は全て窒素充填で保存されています




スポンサーサイト
わくわく
23年5月27日

あと少しで1番茶が終わります。
ただあと少しで台風2号

僕たちがお茶に夢中になっていた間にリフォームが進んでいました。

外壁?はトタンから杉板になります!
IMG00709-20110526-1832.jpg
建物自体が80年物なので雰囲気が出ます。
かなりグッと来てます

そしてデッキ!
IMG00710-20110526-1834.jpg
でかいぜ!

内装はまた今度
リフォームもあと少しかな。

なんか、最近楽しいです。


朝霧
23年5月18日

豊好園のある両河内は清水の山間部。

朝5時半です。
IMG00687-20110518-0531.jpg 霧がかかっています。
この霧が7時半頃に切れて太陽が見えるようになります。

6時半。
IMG00690-20110518-0642.jpg
集落は霧の中。畑の霧の中
この霧が直射日光を柔らかくして、自然にかぶせ的な効果を発揮しています。

僕たち霧の中の人達です


反論?
23年5月19日

これから書くことはあくまで僕の独り言。
賛否両論あると思いますが、気にしないでください。

先日、生葉の放射性物質の検査結果が報告され、静岡県産は安全が確認されました。

今度は「荒茶」で検査が行われるようです。
荒茶での放射性物質は生葉の5倍の量になると言われています。

なぜ5倍かと言うと、生葉がお茶になると5分の1になる(水分がなくなる)から凝縮されて5倍と言うこと。

5倍になるという事は基準値の500ベクレルに厳しい数字になると思います。

そんな中の本日の毎日新聞の記事についてです。
IMG00696-20110519-1850.jpg
黄色の文ですね。

仲田力行さんがこう言った文を書くことは記者として面白おかしく書くと言う面で仕方ないと思う。

ただ一つ言いたい。

この文だと農家が隠そうとしてるととらわれないだろうか?
農家がもういいだろ!荒茶だと基準値超えるから調べるな!と言ってる様じゃありませんか?

そりゃそう思っている農家もいるでしょう。
でもね、考えて見てください。

生産中止を言うのは厚生労働省です。国です。
農家は保障されるのです。
こう言っちゃ何ですがどっちでもいいんですよ。

それよりも多くの茶農家が思っていることは一つ。

何よりいいお茶を作ること
ただそれだけです。

両河内は今終盤に差し掛かっている所。
ただでさえ体はボロボロ。

みんな気力で乗り切っています。

待っているお客さんのために。

そんな気力も無くすような事を新聞で書くなよ…。
今年のお茶はどれも甘みが強くておいしいのに。

個人的に原発反対でもないし、あの事故は誰かのせいとかじゃないと思っている。
東京電力を憎むのもおかしいし、今度の荒茶の検査だって消費者の事を思えば仕方ないことだと思う。

でもこんな書かれ方はちょっとひどいなと思ってしまいました。


まぁ、へこんでも愚痴ってもお茶の芽の成長は待ってくれない!
今は今出来ることをするのみ!

明日もお茶を作るぞ!





もみじの花
23年5月14日

品評会のお茶を作っている途中、気がつきました。
IMG00659-20110514-0743.jpg
家のもみじです。

花?が咲いています
IMG00661-20110514-0744.jpg
葉が派手だと花は控えめなのね

自然は不思議がいっぱい



接木成功か!?
23年5月14日

リベンジ成功か?
IMG00658-20110514-0740.jpg
芽ぶいとるやないかい
とりあえず回りの草に負けないように、草をどけておきました。

この栗は品種がわからないため接木しか無いのでちょっと嬉しいです。
早生品種でツヤがあって大きい。最高です


お茶摘み2011
23年5月14日

今日はとてもいい天気
IMG00647-20110514-0643.jpg
豊好園の品評会出品茶のお茶摘みの日です

品評会に出品するのはこの畑だけなのです。
IMG00653-20110514-0735.jpg 家の前の畑
今年の冬の乾燥の影響がちょっと気になります。

せっかくお茶摘みさんが30人位いるので、回りの畑も摘んでもらいます
工場の裏の畑。このお茶は「おくゆたか」です。
IMG00650-20110514-0731.jpg 被せると甘味が強烈になります。
おそらくこのクオリティーのかぶせおくゆたかは豊好園にしか無いんじゃないかな?
一押し茶です。

そして家の上の畑
IMG00655-20110514-0737.jpg やぶきたです。
ここは来年品評会に出品するつもりで作っています。
でも棚を作ったので摘んでもらいました。

特徴は茶樹の間隔の広さです。縦は1800mm横は900mmのシングルで植えてあります。
お茶農家ならこの間隔の広さはわかるでしょう

理由は簡単。
地上も地面も広々使ってください。ノビノビ育って下さいなと言う事です。

朝8時からスタート。
IMG00666-20110514-0849.jpg
茶の木が低くて摘みにくそう来年はもう少し高くしますね

皆さん頑張ってくれたおかげで、おくゆたか35k・やぶきた105k摘む事が出来ました。(葉の量です)

今年の燦はこちら。
燦2011
針のようなお茶になりました。

お茶摘みさんが1枚1枚摘み取ってくれたお茶を失敗なんて出来るわけありません!
今日はリポD飲んだからとびきり冴えてました

毎年この日はお茶の勉強になります。

良いお茶を揉む事が出来れば、普通のお茶だって上手に揉む事が出来ます。
豊好園にとって品評会とは技術向上のイベントでもあります。

そりゃ1等入賞なんてまたしたいですが、最近はちょっと楽しみ気味です
僕たちもお茶摘みさんもみんな楽しい日になってくれたと思います。

今年は集合写真を取り損ねてしまったのが残念です。
また来年もこの日が来る事を楽しみにしています。

とその前に秋の品評会結果発表ですね~


13日の金曜日
23年5月13日

今日はトラブル続き…。

工場へ生葉を積んで到着し、全部のブレーカーをONにして蒸かし始める。
1号機の粗揉機を動かそうとスイッチON。

反応無し…。ブレーカーが降りてる!?上がらんぞ!?
結局機械屋さんが修理してくれるまで、2号機だけの半ラインで製茶。
時間のロスです。早く始めれば早く終わりますから。

1号機も直り順調に操業。
3時頃バンっと聞きなれない音…。
工場の時計が風で落ちて割れてしまいました。

4時頃には生葉コンテナの所の搬送機(トラフ)が動いたり動かなかったり。
丁度葉が終わった所でよかった!

その後かみさんがスクーターで車に衝突との知らせ。
アドレスはサヨウナラですが体は無事でよかった!

6時、ハウスの横を開けておくのを忘れていたため、高温になり野菜たちが大打撃。
ソラマメはダメだなこりゃ。

7時、静岡県のお茶からのセシウムは基準値以下との発表!
これは多くの茶業人が待っていた答え。
これがアウトだと豊好園はマジで困る。助かった。

終わりよければ全て良しか…

明日は品評会の手積み。
いいお茶が出来ますように。晴れますように。



雨だ~
23年5月11日

毎日お茶三昧です。

雨が降るとお茶刈りは基本行いません。
IMG00638-20110511-0952.jpg ティールームから
こんな日はお休み。

なわけ無い

火入れを行います。
IMG00639-20110511-0953.jpg 棚乾です。

引き出しになっていて、一段に3kgほど入れれます。
IMG00640-20110511-1036.jpg これは「あさつゆ」
この引き出しは底が網になっており、熱風が通り過ぎて乾燥するという仕組み。

豊好園の火の入れ方は以下の通り。
50℃からスタートして20分
60℃を20分
70℃を20分
80℃を10分
90℃を10分
そしたら50℃になるように火を弱くする。
50℃で終了です。

基本的にこのように火を入れるのですが、ケースバイケースですね

豊好園は火香は弱めです。
お茶本来の香りを楽しんでいただきたいからです

最近のお茶は火香が強いから、豊好園の香りは斬新かも

今週土曜日は品評会のお茶を作る日です。
お茶摘みしてみたい方は豊好園へお越しください





茶市場
23年5月1日

朝5時到着。
IMG00580-20110501-0503.jpg
静岡茶市場です。

今年はまだお茶が少ないですね。
IMG00585-20110501-0514.jpg 
このテーブルは今からスタートです

並んでいるお茶の中から気に入った物を手に握り、内質を見ます。
IMG00582-20110501-0507.jpg
持ってきてお湯で審査し放題。僕たちはしませんが

豊好園のお茶も吟味されています。
IMG00591-20110501-0520.jpg
ん~どきどき

こうしてお茶は買われていきます

後日…
この日のお茶を買ってくれた「くまきり」さんからうれしいサプライズ

豊好園のお茶を仕上げたお茶を持ってきてくれました!きれいになってる
IMG00609-20110505-1549.jpg IMG00610-20110505-1552.jpg
強火入れにも耐えれるお茶だったそうです

味はというと、そこまで火香は強くなくて飲みやすくなっていました。
さすがプロ!と言う感じです。
僕たちもこの仕上げを見習わなくては

こんな事今までなかったのでうれしい出来事でした。
市場に出したらそのお茶がどうなってどこに行くのかわからない。
それが普通。気になっても確かめようがない。

今回その疑問の一つどうなってる?がわかったのでうれしかった。
それに、たくさんのお茶の中から豊好園を覚えていてくれたのもうれしかった。

いつかは指名されるようになりたいな





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。