FC2ブログ
プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
研究発表会
22年2月24日

県の農林技術研究所・茶業センターの研究成果発表会に行ってきました
場所は菊川文化会館アエルです。
CIMG5671.jpg
なかなかしっかりしたホールですね

発表内容は…
① 緑鮮やかな多収性新品種候補「86-7-1」
② 安全生産の切り札「かん水」の話
③ 本格緑茶を手軽にドリップ
④ 新需要に応える荒茶製造工程の衛生管理技術
⑤ 高温加湿熱気を利用した新粉末緑茶の開発
⑥ 肥料成分を無駄なく茶樹に吸わせる方法
⑦ パソコンで利用できる炭疽病防除支援システム
⑧ 静岡でもアミスター耐性輪斑病菌が発生
⑨ ハマキムシ類の各種薬剤に対する感受性の実態
です。

大ホールです。
CIMG5674.jpg
勉強嫌いの僕でしたが、寝ないで聞く事が出来たので、ちょっと紹介
①の品種は試飲しました。樹勢が良く、育てやすいようですし、品種茶の豊好園としては少し植えてみようと思っています。

②のかん水の話は、テンションメーターを設置したばかりだったので、知識になりました。
効果的なかん水方法、干ばつが与える影響を教えてもらいました。

③の本格ドリップは、コーヒーのフィルター式の方法で、フィルターの粗さ?で抽出時間を調整して誰もがおいしくお茶を飲める方法の提案でした。

④の衛生管理技術は、現在のお茶と言うのはスーパーに並んでいる野菜以上に衛生的な食品なのですが、これからの新需要(扱う業者の基準など)に応える場合の製茶衛生管理の方法を伝えていました。

⑤の新粉末緑茶とは、大半を占める「もが茶」を粉末状に加工した粉末茶ではなく、製造コストを減らし、品質を抹茶級にする製造方法の紹介でした。パンやケーキ、サプリや洗剤など、粉末茶は注目されています

⑥の発表では、お茶がどのように肥料を吸収するのか、全面施肥と部分施肥(お茶は部分施肥)の違い。部分施肥のメリットデメリット。必要窒素量はどのくらいか?といった感じでした。

⑦はコメのいもち病防除支援システムを応用したシステムで、スケジュール防除になってしまっている防除を、必要な時に必要なだけ(豊好園は当たり前ですが)で良いように助けるシステムです。

⑧⑨は農薬の抵抗性が付いた病気や虫が発生していますという事でした。農薬で防除するという事は「いたちごっこ」でしょう。僕が死ぬまでに病害虫と農薬は何度回るでしょうか

といった感じで1日が終わりました。思ったよりも面白かった。
青年農業士になってこう言った場に呼んでもらえるようになりました
今日学んだ事を活かせるようにしないとね
スポンサーサイト



清見寺でおもてなし
22年2月21日

今日はJAさんのイベントで興津にある清見寺というお寺でお茶のおもてなしをしました。
CIMG5667.jpg
このお寺、目の前にJR東海道線が走っています

朝9時。
CIMG5669.jpg 準備が始まります。
この部屋の名前は「潮音閣」ちょうおんかく。だったはず

現在は海は遠いのですが、ちょっと昔はすぐそばだったんです。
CIMG5668.jpg
現在は埋め立てられ、港も整備されて国道1号のバイパスが通っています。
潮の音は聞こえてきませんが、想像すると良い雰囲気が漂います。良い場所だ

こんな場所でお茶のおもてなしをしてきました。
何をおもてなししたかと言うと、JAさんの商品「清水4選」の中の「両河内」

そう、今日は両河内の知名度アップのためのボランティアです。
ボランティアというか…自分のためにもなっているというか

ちなみに忙しすぎて写真撮れませんでした
お客さんと話をするというのはとても良い体験です。

僕が淹れた両河内を飲んだお客さんが両河内のファンになってくれたらいいな
そして、両河内と共に僕も思い出してくれたらいいな

あっ 僕を思い出しても僕が誰なのかわからないや
通勤特急
22年1月18日

結婚してからアパートに住んでいます。

アパートを決める時「駐車場1台でいいよ。俺はバイクで通うから」
とまるで弱者のような言いっぷりで通勤快速ゲット。
CIMG5304.jpg CIMG5305.jpg
99年式のヤマハXJR400Rです。不動車でしたが破格で入手
バイク屋のカツに直してもらいました。持つべきものは友だねっ

ちなみに、愛車「エイプ」は実家で可愛がられています
CIMG5149.jpg
エリは「いつみてもこのままだね」と言います。
当たり前です 内緒にしてるんだもんね 華麗に変身中

え~さて、通勤車両を手に入れ9月から通っていたのですが、寒くなるにつれXJRの始動性が悪く、ハイオクにしてなんとか12月は乗り切ったのですが、さすがに早朝の暖機運転は周囲の目が気になってきました。(マフラーが最初から変わっていて、小僧仕様なので)

そこでカツに良い車両無いかと聞いていた所、出たんです。こいつが
CIMG5664.jpg
ちまたで噂の通勤快速「アドレスV125」です。
07年の中古ですが、FI仕様なので始動性バッチリ
燃料もレギュラーだし、燃費も現在1リットルで38km走ります
保険も自動車とくっつけられるしお得
エリをなんとか説得して購入に至りましたありがとうさよならXJR

寒いのでグリップヒーターを装着。
CIMG5665.jpg 乗り味はまるでスクーター
いろんなところ改造したくなりますが、そこは通勤車両。触りません
と言い聞かせています。

実際アドレスを通勤車両に使っている人は多いと思うのですが、納得の1台ですね。
小さいボディーに125エンジン。小回り抜群加速良し。通勤特急です
しばらくは?こいつで頑張ります

春にはエイプ復活をお楽しみに


積もってる
22年2月18日

最近雨ばっかりです。曇りと合わせればほんとに雨ばっかり

今日も寒いなぁと思っていたら…。
CIMG5661.jpg
積もってますね。雪とやらが
CIMG5662.jpg 積雪Cm?
これだけですが積もったと言ってしまうところが清水っ子ってこと
風邪ひかないように気をつけます
豊・冬の仕事
22年1月~

冬は改植の季節です。

今年は我が家で「勝志園」と呼ばれる場所のヤブキタを改植です。
CIMG5367.jpg
お得意のモノラックを使ってヤブキタを抜いて行きます
見えにくいな…。ワイヤーで繋がっています。

2月8日終了。あとは抜いたお茶を片づけ
CIMG4682a.jpg
片づけが終わったら写真右の「よせ」を直します。
数年間収穫できなくなりますが、新しく畑が生まれ変わる事は非常に良い事です

春までには終わらせます
                                         ゆたか
オモシロ汁
22年2月10日

オモシロ汁もらったので紹介します

外見は最中のような感じです。いろんな味がありました。これはみそ汁味
CIMG5395.jpg
まずは真中に穴をあけます
CIMG5396.jpg 指先一つでオッケー

そこにお湯を入れます。以上。
CIMG5397.jpg 小さい具が飛び出てきました。
CIMG5400.jpg おフが出てきました
CIMG5404.jpg まだまだ出てきます。
CIMG5407.jpg 回りが柔らかそうになってきました
CIMG5410.jpg 残りの具が顔を出しています。
こんな感じで汁が完成します 
ちなみにこれはタマゴスープかな?中華スープ?だっけかな

汁が出来るまでの工程が面白いですね
味もなかなかおいしかったですよ

お茶もこんな演出出来ないかなぁ
給食ツーリング
22年2月7日

6日の夜にいつものメンバーで飲み会をしていまして、7日にツーリングに行く事が決定しました目的地は浜岡にある「がっこーにいこう」という食事屋さんです

天気は晴れ。なかなかのツーリング日和。
CIMG5389.jpg 朝9時 国150号久能のローソン集合
今の時期の150号はイチゴ街道です石垣イチゴのイチゴ狩りがシーズンです

メンバーは僕APE100 ホヅミS1W よっちゃんCB400Sf しょーたフォルツァの4人です。

まぁ途中休憩しながら150号を南下して11時半に到着
外観撮り忘れた!場所は御前崎市役所のそばです
CIMG5394.jpg
店内はこんな感じ。懐かしい机や椅子に黒板…。天井や壁には無数の作品が

机の中には教科書も
CIMG5391.jpg オーナーさんのこだわりですね。
待ってる間に楽しませてくれます。

さ、僕が注文したのはソフトめんランチと揚げパン
CIMG5392.jpg
ソフトめん…。どこで売ってるんだろう もちろんミートソースでいただきました

ちなみによっちゃんはメメガトリオを注文
CIMG5393.jpg なんっちゅう量だ…ソフトめん2.5倍!夢のようだ
30分以内で食べ終われば証明書やスプーンゲット。もちのろんでゲット

オーナーさんがバイク好きなようで、写真とってもらいました。
オーナーさんのブログで紹介されています

このお店にぎわっていました。当然なような気がします。
まずコンセプトが面白い。さらにおいしい

帰りは袋井のエコパの前を通り、国1号で帰って来ました。
遠州は風が強いビックリしました


え~、久しぶりに食べたソフトめんはやはりおいしかった
ほとんどのお客さんがそう思っているんではないでしょうか。

静岡にも出来ないかなぁ
寒さの作品
22年2月6日

非常に冷えました。朝家の前でマイナス8℃を記録
CIMG4680a.jpg ゼロが写ってませんが、マイナスです
それでも静岡は雪が降りません。静岡あったかいね

さて、現在僕は山で木を搬出しています。
間伐して山を整備し、間伐材を運び出しているんです。
その現場での出来事。
CIMG5378.jpg 写真右に注目
アップ
CIMG5377.jpg 壁にも霜柱が
いやぁ寒いです。午後になっても溶けませんでした

それよりもコレ 気になって撮りました
CIMG5380.jpg
あちこちにありまして、草刈り機で刈られた草から花でも咲いたのかと思いましたよ。
良く見たら氷じゃぁないですか
CIMG5379.jpg CIMG5383.jpg
氷の花が咲いてたんです 寒さが厳しかったので出来たんでしょう。初めて見たので信じられませんでした。あちこちに氷の花が咲き、なんだか不思議な景色でした。

一つ壊してみました
CIMG5387.jpg
薄い氷なんですよね~。
いや~また出会えるんでしょうか。気にしてます

健康づくりフェア
22年2月5日

「ふじのくに食と農 健康づくりフェア ~ 総合食品開発展&地産地消フォーラム」
に出展しました。

開場は、東静岡駅そば「グランシップ」です。
CIMG5372.jpg
東京から新幹線で静岡駅につく数分前に通り過ぎる巨大な建物です
その中の10階がイベントの現場です
CIMG5371.jpg いや~なかなか良い風景です
船のような形からシップと名づけられた。はずです。

午前中に準備をしまして…
CIMG5369.jpg 横幅1800㎝のブースです。
午後から開始。人が押し寄せました
CIMG5374.jpg
静岡県のさまざまな食品の売り込みです
豊好園としては、品種茶に興味がある方との出会いを求めての出展です

お茶は最近「香り」や「効能」が流行ってると感じています。
香りは、フレーバーティーなんて凄く多いですよね。
効能は、花粉に良いと言われている品種「べにふうき」ですか。

品種茶の豊好園としては時代が来た!と感じてしまうのですが、根本的に違うんですよね…。
豊好園の香りと言うのはお茶が本来持っている香り。品種が持つそれぞれの違う香り

効能と言うのは重視していません流行りの「べにふうき」は植えてありません。
なぜか?それは単純です。緑茶としておいしいと思わないから 渋ーい
薬として飲むなら良いんです。10人中6人は効果があるとされています

そういった事でこの場に出展されている他の方たちとは少し違う 全くのお茶で勝負
というかこれしか無いんですが

夕方5時で終了。
こんな豊好園に興味を持って下さる方がいたのがうれしいです。
多くのマニアックな方と出会うために、知名度を上げるためにもイベントへの参加は大切。
なかなか良い経験でした


竹の肥料
22年2月1日

豊好園には竹やぶがあります。
3月下旬から5月上旬まで筍を掘り、茹でて出荷します
CIMG5362.jpg
両河内はその昔、筍の産地として有名でした。
その昔とは、今は全然活気がないという事です
どうやら生での消費と言うのがなくなってしまったようですね。

しかし品質に関してはやはり良く、熱心に出荷する農家さんもいます。
自分で言うのもなんですが、お茶と並ぶ程の自慢できる良品だと思います

豊好園は「茹でたけのこ」で活路を開いたという事です。
ちゃんと肥料をまき、草を刈り、古い竹は切って管理しています。
ちなみに上の写真は片づけ前です

今日は肥料をまきました。
CIMG5359.jpg CIMG5360.jpg
くみあい燐硝安加里です。
筍用ではないのですが、内容が気に入ったので使用決定です

午後から雨しっかり効くでしょう
次は片づけです



サンパー
22年1月31日

お茶の機械?ではないですが、今回新たに購入したので紹介します。

サンパーです 肥料をまく時に使用します。
CIMG5355.jpg CIMG5356.jpg
上から肥料を投入。おんぶして使います。

肥料の出る量は開け具合で調整。(徒歩スピードでも可
CIMG5357.jpg CIMG5358.jpg
肥バケツと言われるものよりも素早く肥料まきが可能です
平坦地では機械化が進み、姿を見る事が少なくなってきたでしょうか…。

山間地では引退はさせてあげれません
栗の穂木
22年1月29日

我が家には栗が植わっています。
秋になると栗が結構収穫出来て、ちょこっと販売しています。
CIMG5348.jpg
この写真の手前の2本が今回の問題で、非常にいい木なんです。
早生なのに実が大きくてツヤが良い。最高なんです。味はもちろんね

去年木が大きくなりすぎたので、大胆に小さくしました。なので手前側が細い新枝なんです。
今年はよせ側を大胆に切ります

ちょっと話がずれましたが、いい木なので増やしたいねと言う話になり、祖父に品種が何か聞いたのですが…
という事で品種を取り寄せることは不可能。接ぎ木しかない
まずは穂木の採取と言う事で、いろいろ調べたり聞いたりでやってみました。

まずは去年伸びた枝を切ってきます。
CIMG5349.jpg

それを30cm位にカットします。
CIMG5351.jpg こんなにいらないのですが、予備って事で

それを濡れ新聞紙に包みます。
CIMG5352.jpg

さらにビニール袋に包みます。
CIMG5353.jpg 枯れてしまうとダメです。
ちょうど業務用のラップのようなものがあったので使いました

このようになった物を冷蔵庫に入れて4月まで保存します。
こんなで大丈夫なのかわかりませんが、とにかく完成です

4月の栗の芽ぶきを待ちましょう