プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かすぎた!?
21年12月27日

12月もおしまい。冬の植物の成長はゆ~っくり
と思っていたら…
CIMG5198.jpg
ん?エンドウ豆に実がなってる
このエンドウ豆は春?初夏?頃の収穫のはず…。

一応証拠写真
CIMG5197.jpg
12月27日でしょ。

毎年12月になるとハウスは閉めっきりにしています。
今年の12月は温かかった証拠でしょう。

しかし背丈は40Cm程で実がなってしまった。
本格的に温かくなってきたらどうなってしまうんだろう…。

ちょっと心配ですが、見守って行きましょう

スポンサーサイト
寒いですよ!
21年12月22日

なんだか寒いなぁと思ったら…マイナス6℃でした!
霜
茶畑も寒そうです。が、冬の茶畑は休眠しているようなものです。
このくらいの寒さならまだ大丈夫です

今はしっかり休んで春にエネルギー爆発してくれっ
次郎先生
21年12月9日

毎日ミカン切りをしています。

ちょっと前の話になりますが、小学生の前で話をしてきました
わが母校「西河内小学校」です。
CIMG5187.jpg
学校が遠くてすみません!気がついたのが遅かったもので

僕が通っていた頃からメタセコイアが並んでいるんです。
CIMG5167.jpg
本数は変わっていません!大きさは…大きくなってるのかな?

学校は変わりました。
CIMG5186.jpgこんな立派な学校になって
僕が6年生の時に旧校舎は解体されました。なのでプレハブ校舎で卒業式
今日初めて新校舎に入ります

中は木の雰囲気がプンプンしていい感じですね
CIMG5179.jpg
実に環境が良い学校だと思います。

さて今日の本題、6年生12人にお茶農家の話をしましょう。
CIMG5162.jpg
教室に入ったらこんな感じ。ようこそ!だって照れますね

話の内容は…
僕の1年の流れを話。
僕がなぜお茶農家になったのか?
それから質問タイム。

ん~僕の話でなにか自分のヒントがつかめたらいいのですが、なにぶん6年生ですからね
まだ将来何にでもなれるさっ楽しみです

話の時間が終わったら~。そう、給食タイム
CIMG5170.jpg CIMG5174.jpg
ちゃっかり者の僕は打ち合わせの時に給食って食べれますか?と先生に聞いてみたんですね。
そしたらだったんですよ~。給食屋さんじゃなくて本物ですよ!
器に牛乳、具だくさんの味噌汁懐かしいぜ!いただきます

食べ終わったら一つ気がつきました。
CIMG5176.jpg
最近の小学校は牛乳パックを回収し、リサイクルしているようです。
僕たちの頃も行われていたかも知れませんが、子供たち自らの手で洗って広げるっていうのはしていませんでした。些細なことかもしれませんが、こう言った事は良いことだと思いましたね

先生はご飯を食べたら宿題の丸つけ。
CIMG5181.jpg人数が少ないからまだいいのか?
それにしても子供たちを見ながらいろんな事をする。先生って結構器用な職業ですな

みんなで写真を撮りました
CIMG5164.jpg
この日は一人新型インフルエンザ患者の兄弟がいる子が欠席だったので11人でした。
ぼくの同級生は23人でした。その頃からすごくアットホームで良い環境です。

小学生の元気をいただいた日でした。最近寒いですががんばろ





初霜観測
21年12月8日

いや~今朝は寒かった~!
CIMG5158.jpg
初霜を観測しました両河内は雪はめったに降りませんが、霜は降ります。

というか12月だもんね
CIMG5159.jpg
まだまだ序の口。これからもっと寒くなるんだ。
体調管理しっかりしないと

僕が小学生の時は氷が厚く張って、氷の上に乗れた事を覚えています。
今はそんな事はなくなってしまいました。ホント温暖化してるんですね。
みなさんの子供の頃も明らかに寒くなかったですか?

次の世代のために、今できる事をしていきましょう!
なんだかCMみたいになってしまいましたが、みなさんも風邪ひかないように
菊ミカン
21年12月1日

今年の12月の僕は清水区茂畑の杉山さんちでミカン切りをしています
CIMG5155.jpg
青島と言う品種です。今年はたくさんなっているんだそうで、僕が呼ばれました。
CIMG5157.jpg
青島は静岡ではかなりのシェアのみかんです。ミカンと言えば青島って感じですね。

ミカンを切っていると、ボコボコしたミカンがあります。
CIMG5150.jpg CIMG5151.jpg
はて、これはなんだろう。病気?樹齢のせい?と思い、杉山さんに聞いてみました

すると、とても興味深い事実が発覚しました
この青島ミカン、農家さんたちは「キクミカン」と呼んでいます。
なぜキクミカンなのかと言うと、菊の花のようにボコボコしているからです。

なぜ出来てしまうのかと言うと、夏の乾燥の影響だそうです。
夏の乾燥がキツイとミカンは成長のバランスが崩れて、中味だけ成長するような感じになります。
その結果、皮はボコボコですが、味の濃いミカンになります

なので、菊ミカンは普通の青島よりおいしい。はっきり甘い
じゃあなぜ市場に出回らないのかと言うと、形が悪いからだそうです。日本人らしいね
ちょうど季節的にボジョレーの話を耳にする機会が多くて、かたや夏の天候のおかげで例年よりおいしい!なんて騒がれて、こちらはおいしいのに見た目のせいで出来そこない扱い。なんだか菊ミカンはかわいそうだなぁと思いました

この菊ミカンはスーパーでは目にすることがないと思います。
まずひとつは、天気の影響が大なので出来ない年もある。
次に、出来ても農家さんが規格外扱いなので出荷しないという事。

もし食べてみたい方いましたら、豊好園にお任せください
1Kg 300円(10kgから)で販売しま~す

連絡先をhoukouen@gmail.comにメールください。
天候が生んだ奇跡の青島を味わってみませんか





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。