プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出てきたぞっ
21年11月27日

すっかり冬になってきました。
寒さを感じるとヤツがやってきます

ヤツとは…なめこです
CIMG5137.jpg
近所のシイタケ屋さんの指導のもと原木栽培です

最初に原木シイタケを食べた時に衝撃を受けまして、しめじ・なめこと教えてもらいました
味としては、菌床栽培の物とは全然違います 菌床栽培の物をダメだと言うわけではありませんよ!でも味わってしまうと原木栽培物はやみつきに…。
キノコ自身の力強さがメキメキ感じられます。自然の物と言うのはこういう事なのかなぁ

ちなみに、近くにこんな物も見つけました。
CIMG5133.jpg
真中にうじゃうじゃしてますねぇ…。

げげぇ!でかいっ
CIMG5136.jpg
これは隣のうちの原木なめこです。全部食べるのだろうか…。
自然の力恐るべし

スポンサーサイト
09 お茶飲み会
21年11月23日

今日は我が家のイベント「お茶飲み会」
天気予報の、所により雨は珍しくハズレ
P1000744.jpg CIMG5109.jpg
朝8時、庭も部屋も準備が進みます。

朝10時開始です。
CIMG5112.jpg CIMG5113.jpg
CIMG5114.jpg CIMG5115.jpg
CIMG5118.jpg里芋の焼いも、おでん、とろろにお店。
みんな豊好園の友達が手伝ってくれて成り立っています。

お昼前には天気もすっかり良くなって大勢のお客さんが来てくれています
CIMG5130.jpg
庭が狭く感じます

お茶席の方も毎年恒例のスタッフさんで成り立っています。
CIMG5131.jpg CIMG5121.jpg
恒例の祖母作「栗の渋皮煮」も健在です。

去年は一等三席全国三位。今年は等外
品評会はとても難しい。
自分では完璧に出来たと思っても、審査会場の採点基準の微妙な違いに左右される。
当然「水」の違いってのもあります。

それでも毎年上位に食い込む農家さんもいるのも現実で、我が家もその領域に行くために頑張らなきゃな~って感じます。

お茶飲み会は助けてくれるスタッフさんのおかげで成り立っています。
それでも今年は「芋茶漬け」が出来ませんでした。
そのくらいお客さんが来てくれたんです。うれしい限りです

みなさん秋を感じていただけたでしょうか?

スタッフさんもご苦労様でした。ありがとうございます。
また来年も11月23日は豊好園へ遊びに来てね。スタッフさんも募集です

準備オッケー!
21年11月22日

明日は豊好園のお茶飲み会です
ちょっと天気が不安ですが、雨でも行います
CIMG5108.jpg
今年の品評会出品茶「燦」です。

お楽しみに
2009年 秋号
21年11月17日

11月23日(月) 10:30~14:00
    第18回 豊好園お茶飲み会

 今年もお茶飲み会の季節となりました。秋の夏日や木枯らしの吹く秋の日があったりして、我が家では体調を整えるのに気を配っています。
 皆様はいかがでしょうか?子供たちの間には新型?インフルエンザが流行し、両河内でも学級閉鎖になっているようです。11月23日には元気に参加していただける事を楽しみにしています
CIMG2951.jpg
2008/11/23


<百合の花>

 「ジロー君のユリが咲いたよ」「ほかの家のも見るんだけど家のが一番早く咲いた」「家も咲いた」…村中で会う人が声をかけてくれます。 このユリは次郎の結婚披露宴の引き出物に使った鉢植えのユリです

 配った時は蕾が堅く、これから寒さに向かうので色づいて来るのか少々不安でした。このユリを作った次郎の友達の横川君が「蕾が出来ているから咲きます」と言い切ったように咲き始めてくれました。

 花が終わり庭に植えれば毎年楽しめるので「ジロー君のユリが咲いた」とずっと楽しんでもらえるならと喜んでいます



<残留農薬の検査クリア>

 前回のきららめーるでお知らせしましたが、豊好園は旧盆から来年の一番茶を刈り終わるまでの8カ月間の農薬散布は行っていません。
 今回、台湾に緑茶を輸出している「やまま満寿田園」のご好意で、世界一検査が厳しいとされている残留農薬の検査をしてもらいました。

検査結果は、217項目の検査中ひとつだけクロルフェナピルという成分が0.05ppm検出されました。
CIMG4844.jpg
この薬の安全許容量は台湾では2ppm日本では50ppmです。測れる限界が0.01ppm
 この結果に満足することなく、これからも安心安全なお茶づくりに勤めます


<いも茶漬け>

 私が子供の頃、一般的な農家の台所は地下足袋を履いたまま食事が出来るように土間になっていました。
冬になるとだるまストーブがそこに置かれ、テッキの上で焼かれた塩茹での里芋が乗っています。

 両河内の里芋はとてもおいしい。夜は晩酌のつまみ、朝はいも茶漬けと楽しみます。
 いも茶漬けとは、テッキの上で焼かれた塩茹で里芋を手で軽くつぶし、温かいご飯に乗せて醤油を少しかけて熱いお湯をかけていただきます。

 素朴な物ですが癖になります。摩り下ろした山葵を乗せると更に美味!両河内地区だけの郷土食なのか清水区内の他の地区では、聞いたことがありません。

 今年のお茶飲み会で紹介しようと思っています
豊好園ゆず
21年11月12日

豊好園にはゆずがあります。
といってもこれだけですが
CIMG5101.jpg
山の息吹とおおいわせの所ですね

それにしても立地条件がなかなか悪い
CIMG5104.jpg
ユズはトゲがすごくて、服の上からでもチクリとな。条件反射で離れますが、離れすぎたら落ちる。落ちたら骨折はするだろうなぁ。5m位あるもんなぁ。

だいぶ色づいてきたので収穫です。あ、ちなみに農薬は使用していません
CIMG5105.jpg
いつも通り、フレッピー庵原店と飯田店で販売してます。
みんなでゆず風呂にでも入っちゃおうぜ
紅葉ツーリング
21年11月8日

天気は晴れ。今年最後(多分)のツーリングに行きました。
メンバーは僕とエリXJR400R・よっちゃんCB400SF・ほづみS1W・しょーたフォルツァ・おかさんFXDL・アオキ君FLSTSB・ゆーすけフォルツァ・ピートAPE100の8人。

ん?今回は原付はピートだけ。しょーたはXRだけではネタが足りないらしくビクスク購入僕は結婚してから通勤車両を破格で入手、今回はカメラマンのエリとタンデムのためXJRなんです。

さぁさぁ目的地は井川湖近く「県民の森」です
CIMG4913.jpg 庵原のセブンに8時集合。
今回は遅刻者無し。みんな待ち遠しかったのかな

国1を西へ向かい、羽鳥ICで国362を北上。
CIMG4932.jpg ゆうすけ集合場所のファミマ
最初は中学校の近くのファミマでしたが、つぶれていてビックリ。
もうちょっと奥にファミマが移っていたのですね。とりあえずゆうすけに電話。

するとですよ。彼に362通称藁科通りだよと伝えてあったのに…。
「家の前の道を西に向かっちゃって、いま藤枝にいる!すぐ行く!」だと
わざわざ遠回りして遅刻で合流でした

さて、国362を奥へ向かい県60へ
最初は片側一車線。簡単に片側ゼロ車線。&農道林道
CIMG4933.jpg CIMG4944.jpg
ひたすら奥へ向かい、「大間」という土地に。静岡にも大間があるんです。
海ではなく凄い山奥。そして標高が1000mオーバー。
簡単に言えば町場から10℃寒いと言う事になりますね。ゴキブリいないのでは…
CIMG4951.jpg CIMG4958.jpg
紅葉の中を走り抜けます。

実にきれいだ。自然が生み出すアート。
CIMG4953.jpg
さくらにせよ季節限定ってのがまた良い。日本人はこういう文化で育つから限定ものに弱いのかな。

さ、登頂したら井川湖方面へ。大自然の宝庫 リゾート井川で休憩。
CIMG4977.jpg CIMG4976.jpg
ちょっとした休憩所みたいなものです。 
CIMG4970.jpg峠からの眺め
山ばっかり。どこまでも山!空気は当然うまい

目的地「県民の森」に到着
CIMG4999.jpg CIMG5016.jpg
凄く入りにくいオーラが出ていて気まずかったけれども、入口に自販機ありますって書いてあったので行きました!すると…無人でした。なんというか、井川の資料館みたいな建物なんですけどねぇ。
こういうのを税金の無駄使いというのか。何も機能していない

でもまぁ回りは凄くきれいでした。ざ・紅葉って感じですね。秋を感じます。
CIMG5005.jpg CIMG5009.jpg
一本の木がカラフルに色づきますまさに大自然の宝庫井川

センターからちょっと奥に走ったところでお決まり写真
CIMG5031.jpg
空が近い…。いい天気

ちなみに井川湖はあいにくの濁り。
CIMG5033.jpg
真青の湖と色づいた木々ってのを見たかったなぁ

ちょっと戻って県60沿いの「じんきち」ってお店で昼食です。
CIMG5046.jpg 結構にぎわってました。
三桁円で結構食べれます。

満腹になったところで岐路につきます。帰りは県27で安倍川へ抜けます。
まぁ県27は凄い道でしたよ。なかなかアメリカンには申し訳ない
やっと良い道になったので一枚
CIMG5058.jpg
なんかツーリングしてますって感じでしょ

阿部海道に出まして南下。阿部川沿いの広い道。
途中のSAっぽい所で休憩。
CIMG5083.jpg 子供がワラワラ!
なんだか大人気な場所でした。

僕たちは県74で帰るので、ゆうすけとは流れ解散。お疲れ様
そのまま国1で興津を回って国52で県75で到着。
みなさんお疲れさんでしたいい紅葉でしたね。
次回はもう少し広々した道で行きましょう

さて、今回のオモシロ写真。
帰ってきてだべっている時の一枚。
CIMG5088.jpg
気がついてとっさに取ったのでちょっとずれましたが。
ピートはバス会社の職員かっ
国民文化祭2009
21年11月1日

この街、なんだかいい感じ…。
CIMG4900.jpg
城に高層ビル。当時の人が見たら驚くだろうなぁ。

いやいや、崩れてる所もあるじゃないですか
CIMG4899.jpg ん?
そう、ここは夏に地震があった静岡の駿府城です
なんだか城とビルと空がいい風景だったので写真撮っちゃいました

さて、今日は用事があります。
静岡の方は耳にしたことあるでしょ。大道芸ワールドカップ
静岡の町中のいたるところで世界中の芸人さんが大活躍ってやつですね。
CIMG4898.jpg 無料で見れるんですよ~
って市役所前はこんなです みんな脚立片手に現場に行くんですね。

はいっ。僕の用事は大道芸じゃありません
駿府城内はお祭り騒ぎ。屋台がいっぱい!そんな中、これ見つけちゃいました
CIMG4901.jpg アイスコルネット。ストロベリー&バニラ味
秘密のなんちゃらショーで静岡県民の大好物って言ってたんでつい
その時は県西部で人気なんだと言っていたので、ふーんって感じだったんですが、まさか出会うとは。ちょっとならびましたが食べたい気持ちが大きくて…。
揚げパン風のコロネの中にバニラアイス。パンは熱いんです。中はアイス。
まぁ僕が見た目や味に対してどうこう言う事もないと思うので、えっと、うまかったです

本題に行きましょう。
この週末の静岡は国民文化祭2009の真っ最中でして、駿府城の中にある紅葉山庭園でお茶が飲めるイベントがあったのですね。それに行ってきました
CIMG4902.jpg 紅葉山庭園ですな
中では静岡の各産地のお茶が飲む事が出来るお茶席があり、なかなか賑わってました。
CIMG4903.jpg いや~お茶席です

数種類(当然両河内も)ありましたが、僕が飲みたかったのは清水茶業復活のカギ「まちこ」です。
CIMG4904.jpg まちこブース
常に満員だったそうです
お茶を入れている間にJAMORIさんが丁寧に説明してくれて、初めてまちこを飲むお客さんたちにはなかなか良かったのではないでしょうか
CIMG4905.jpg 桜の形の器です。
お饅頭も甘すぎずオッケー

ここで飲ませてくれるまちこは「プレミアムまちこ」といって、まちこ倶楽部(まちこ倶楽部で検索してね)のメンバーが手積みをしてくれた手積み茶なんです。
CIMG4906.jpg
非常に綺麗なお茶でビックリしました。
香りばかり騒がれてるまちこですが、味もいいお茶なんですよ!

茶業全体が衰退気味のなか、生き残るには何かなくてはいけない。
その一つが「まちこ」だと思います。

生産者とJAしみずが協力して一つのブランド、いや、産地になればいいと思います。
がんばろう まちこ
やまいも!
21年10月27日

地元の芋掘り好きのおじさんから凄い物を見せていただきました。
CIMG4851.jpg
そう山芋です。ってタバコと比較してください
2.6kgあったそうです。化け物級ですな
スーパーなんかでこの時期見かけるのが500gあるかな~って感じですよ。
同じ自然薯なのに…。なんでかな

記念に手で持って一枚
CIMG4854.jpg
いや~何度見てもでかい…。

しかも僕がやまいも好きなの知っているので、あげるよって言われました。
でも自分で掘った思い出のやまいもはもっと使い道があるはず!断りました

今度は自分で掘ってやるぜっ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。