プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 夏号
21年7月31日

7月11日 アブラゼミとヒグラシの初鳴きを聞きました。もうじき梅雨明け、夏本番!
暑中お見舞い申し上げます。


<09 一番茶考>

 今年の5月の連休は雨が続き 品評会出品茶のお茶摘みは4日も日延べとなり、お茶摘みさんには毎朝ご迷惑をかけてしまいました。目標も入賞になってしまいました

 でも 他のお茶は適期に刈り取る事ができ、製造のミスもなく 納得できたお茶になったと思っています。品種茶は 個性派の香駿・つゆひかり 正統派のおくみどり・めいりょくが特に気に入っています。
 豊好園は品質を上げ、おいしいお茶を目指します


<お茶の事 解ってくれた>

 6月3日 月刊「料理通信」の取材を受けました。
 茶業界の人ではなく、一般の都市生活者の方にお茶の話をする事は自分の思いがどれだけ伝わったのかちょっぴり不安でした。でも、7月9日に編集部のOさんがもう一度来てくれました。

 Oさんは編集のプロ!一ヶ月間の間に、緑茶喫茶へ行ったり品種の本を読んだり 専門用語もバッチリOK 少々しゃべり過ぎに反省…

 9月号にピエール・エルメさん(フランスの著名なパティシエ)と一緒に出ます
IMG_0200.jpg ピエール・エルメで検索してみてね
※一番茶後の茶園は緑が乏しく、本来の様子を見てもらえず非常に残念。茶園は新芽の伸びている時が一番輝いています。


<善光寺さん>

 私の村に善光寺という小さなお堂があります。本尊は阿弥陀如来三尊像です。江戸時代の終わり頃、村に疫病が流行り 長野の善光寺のご利益にあやかりたくてお堂ができたようです。(ほんとのところは??)

 今年 私は寺世話人なので、4月の祭典のためお堂を掃除しました。御本尊さんの扉を開けて中を良く見てみると、阿弥陀さんの両手首がありません知らなかったとはいえ、とてもかわいそうに思えました。

 お堂はもう古いので、御本尊さんを我が家へ連れて来ました(もちろん許可を得てますよっ)。そして、知り合いの芸術家のKさんに相談した所、快く両手を付けて下さいました。
CIMG3959.jpg
 お盆にはお寺へ預けようと思っていますが、今の所 毎朝 紅葉のような可愛い両手を見ながらお茶湯をしています よかった!


<病気・害虫・雑草 VS 豊>

 二番茶が6月末で終わり、来年の一番茶の作柄を最も左右する気の許せない忙しい45日が始まりました。この時期に出てくる三茶の芽が、健康でたくさんの葉に育つ事で 光合成も盛んになり、肥料も無駄なく吸収して美味しいお茶を作ってくれます。

 梅雨明けまでは「モチ病」と「炭ソ病」が出ないように注意を払います。多発すると芽が溶けてしまったり葉が落ちてしまいます梅雨が明けると(7月31日現在明けていませんが…)ミドリヒメヨコバイ・チャノホソガ・チャハマキ・ホコリダニ…などの害虫が発生します
CIMG3904.jpg
 最近は茶業試験場の研究成果により、病気のメカニズムや害虫の生態が解明され、適期に防除すればほとんど被害は出ません。
 三茶の芽が充分に成長するお盆までの45日間、畑を飛び回り よく観察をして作業すれば、9月から来年の一番茶終了までの8ヵ月間は防除作業がなくなります

 雑草対策もこの時期大切な作業です。雨も多いので草はどんどん大きくなります一週間も畑に行かないと、目を疑いたくなるほどです 茶園の周りは 草刈り機や除草剤(最近は安全性が高いのでご安心を)が使えるのですが、幼木の根元や茶樹の中から伸びてくる「イモづる」・「ヘクソカズラ」にはまいってしまいます。

 これにはテデトール(手で取る)という除草方法しかありません!特にヘクソカズラは茶の木の根元の土の上にランナーを伸ばし増えていきます。茶の木の上に葉が出てくる頃には、株もとはビッシリとランナーが広がっています

 この葉をお茶と一緒に刈りこんでしまうと、名前の通り変な匂いが付いて お茶が台無しになってしまいます 茶の木の間をほふく前進しながら、つる取りをする私の姿を想像してください

 今年も8月13日 完璧に作業が終わり、健全な葉っぱがいっぱいの茶畑で「勝負あった」と ニンマリとしている私でありたいものです

 ※ほふく前進を漢字に直すと「匍匐前進」難しいっ 匍匐を辞書で調べました。
その中に「地をはって成長する茎」とありました。なにかいたちごっこのような…

ゆたか
スポンサーサイト
土壌改良
21年7月27日

ハウスの土の性質が気に入らない…
CIMG3944.jpg
吸水性が悪い、保水性も悪い。水を吸うと表面が固まってしまうんです。
直接種を蒔くと、芽が表面を割って出て来れないんですよ

もう我慢の限界です土壌改良します
CIMG3948.jpg CIMG3950.jpg
牛ちゃんパワーです牛フンとバーグを混ぜた物らしい。650円弱
土壌と混ぜる事で保水性アップ。フワフワの土壌になるそうです。

二坪ほどに12表入れました。これでもかっって感じですね。
CIMG3949.jpg

ホンダのミニ耕運機「プチ菜」でうないます。
CIMG3951.jpg CIMG3952.jpg

水をたっぷりまいて完成
CIMG3953.jpg CIMG3954.jpg
もうこの時点で違いがあります。
着前の土壌では、散水していてもすぐに水たまりになってしまい、いらだちました。
着後の土壌では、みるみるうちに吸水していきます。土が生きているようです

牛ちゃんパワーは土と混ぜてから10~15日間なじませてから播種して下さいとの事。
お盆前か…。何を植えましょ
清里ツーリング
21年7月19日

梅雨と夏の境目になり、ツーリングに出かけちゃいました。
今回は一か月前に日にちを決め、待ちに待ったツーリングです。
CIMG3919.jpg 朝7時半
一人寂しく集合場所へ向かいますよ

8時。今回は長野なので国道52号沿い宍原ローソンに集合です。
CIMG3921.jpg 山がガスってます
メンバーも増えました。
僕APE100・よっちゃんCB400SF・ほづみS1W・まーちゃんSR400・しょーたXR100M・おかさんFXDL・たくよしCBR600RR・アオキ君GSX250Sカタナ・ゆーすけフォルツァ・ピートAPE100の10人
天気予報は曇り雨
雨が降ってきたら引き返そう。と言う事でしゅっぱーつ

はい。降られてしまいました。
CIMG3922.jpg
まだ甲府盆地に入ってもいませんでも弱い雨なのでまだ進みました

えーっと、結果ですが、甲府盆地の入り口、鰍沢のセブンイレブンでアオキ君がお金を下ろしたところで帰路に着きました 写真取り忘れました

52号を静岡へ向かうと雨も小さくなり、日が出てきました。
まぁ雨が降っていないと言う事で、県境のお蕎麦屋さんで昼食です
CIMG3924.jpg
ひっそりとしていて営業中なのかわからなかったけれども、やってて良かった
僕らの後に結構人が来て、タイミングも良かった 味も良かったよ

静岡に入り、天気は晴れ このまま帰るでは早すぎる。との事で、日本平に行く事にしました。
CIMG3930.jpg ほんといい天気。
鰍沢が嘘みたい。静岡いいとこ

暑すぎてアイス食べちゃいました。
CIMG3929.jpg イチゴミルク。
イチゴとバニラは最強でしょ

あぁ、二つ前の写真で気になってました?
CIMG3931.jpg いやーミニっていいね
ホンダグリーンマシーン
みんなのバイクはコンクリートの照り返しでアツアツ
僕のは涼しげクールダウン ヘルメットもね

帰りは静岡側を下り、国道150号で海を眺めて帰ってきました。
CIMG3935.jpg
ほんとは長野で集合写真撮りたかったな
ほんと沢山だねっ
次回はリベンジですね。みんなで行けるといいな


余談。
その後場所を移し、試乗会。
CIMG3940.jpg
よっちゃんが僕のAPEに乗ると、サーカスのクマになりました

混ぜ込み
21年7月16日

二番茶が終わって、茶の木は来年の一番茶へ向けて動き出します。
そこで、肥料を入れてあげます。
CIMG3822.jpg ケイフンです。
お茶農家がケイフンと聞くと「匂いが移る」と敬遠しがちですが、このケイフンは違う…。
素性の知れた玉子屋さんから直接買ってくるのです。
ケイフンも研究していて、成分まできちっと調べてある完全発酵のケイフンなんですよ。
完全発酵なので家の周りでも匂いが気にならないんです。
まさに完璧なケイフンだと思います。その分値段が…
この玉子屋さんもいつか紹介したいと思います。

さて、今年は「まく」だけではなく「耕す」事をしてみました。
CIMG3821.jpg
肥料は混ぜ込んであげた方が良い。
わかっているのですが、なかなか余裕がないんです。
でも今年は出来るだけ混ぜ込む事にしますよ 頑張っちゃいます

ちなみにクランクカルチを使います。
CIMG3818.jpg カメラ目線で不真面目
いえいえ、熟練された機械の扱い技術があるからよそ見もできるんです
なんてね。サービス精神です

夏祭り
21年7月18日

今日は布沢地区の夏祭り。
大々的なものではないのですが、ここ数年の活気はうれしい限り
CIMG3892a.jpg
輪になって盆踊り。

お店は金魚すくいにくじ引き
CIMG3878a.jpg
かき氷もあるので何気に夏祭りなんです。

お父さん方は生ビール
CIMG3867a.jpg

最後に手持ち花火で終了。
CIMG3902a.jpg
何分子供が多い

西河内小学校の何割が布沢の子供なんだろう。
まさに田舎のベビーブーム
子供の声が聞こえるのはいい事です

僕はいつになる事やら。家族の視線が痛い
とうもろこし!
21年7月14日

関東地方が梅雨明け。
東海地方の静岡も連日30℃オーバー梅雨明けのようなものです。

夏の気配たっぷりなこいつの収穫です。
CIMG3906.jpg CIMG3907.jpg
とうもろこし

10本しか植えてないので広々しすぎている気もしますが、まぁ良しと言う事で
CIMG3908.jpg
手でもぎ取って収穫です。
ほんとは朝日が出る前に収穫すると良いそうなんですが、挫折しました

茹でていただきます。
CIMG3909.jpg
一言。甘い。

もう梅雨明け間近。
皆さん暑さでバテないように気をつけましょう
09年 品評会出品茶仕上げ
21年7月8日

今日は品評会出品茶の仕上げをしました。
CIMG3882.jpg
お茶摘みさんが摘んでくれた特別なお茶です。

今回も農協さん協力での作業です。
まずは篩を使い、細かい物を外します。
CIMG3884.jpg
テクニックが必要な作業です。僕はまだまだ

左が取れた物。右が本茶。
CIMG3886.jpg CIMG3887.jpg

続いて「とうみ」という機械を通します。
CIMG3891.jpg
風力選別機ですね
CIMG3892.jpg
こんな感じで3か所に分けられます。
軽い物はいらないのです。
CIMG3893.jpg
これが本茶↓
CIMG3894.jpg
かぶせ茶は4kg無いと出品できません。

本茶が足りなかったらこれをまた「とうみ」にかけます。
CIMG3895.jpg
出来る限り品質を揃えます。

最後はなんとピンセット
CIMG3896.jpg
お手伝いの松永さんも。いつもありがとう

ピンセットで外すのは色が浅い物や形が極端に悪い物。
CIMG3897.jpg
左が本茶。右が取った物。わかるかな?

そしてこれが今年の出品茶。
CIMG3898.jpg
写真では大きく見えますねぇ…。まぁ大きいのでしょうが手積みならではです
さぁ。今年はどんなドラマが待っているのでしょう?

結果は秋。お楽しみに
2茶後のお茶
21年6月19日~

6月26日 2番茶を収穫してから9日後
CIMG3808a.jpg CIMG3810a.jpg
遅れ芽が伸びてきていますね。ミル芽摘採の証拠ですね。
この遅れ芽を切り落とし、次の芽が揃うようにします。
CIMG3811a.jpg CIMG3813a.jpg
2番茶を収穫した高さよりも下がりすぎないように刈り落とします。
ここから伸びてくる芽が、来年の一番茶の親?になります

7月3日 ならしをして一週間後。
CIMG3875.jpg CIMG3876.jpg
全体は見た感じ変化がわかりづらいかな。でも葉は大きくなってます

7月10日 2週間後
CIMG3900.jpg CIMG3902.jpg
目印がわからなくなってしまった モチ病(白くプクッとしているやつ)が出てます
台なおし後の芽の動き
21年4月20日~

4月20日に収穫された「おおいわせ」のその後を追ってみます
CIMG3648a.jpg

5月22日 一番茶が終わると中切り(台なおしとも言うなぁ)をします。
CIMG3832.jpg
落とす量が多いので、2回から3回に分けて落とします。
まずは三角に切って、落ちた葉や枝がしゃがむまで待つ。(クタクタになる事)
画像のはしゃがんでます。
お茶は一度このように深く切ると、自分は中切りされるんだ!と思うらしく、準備をします。
なので、この一回目を行うタイミングが結構重要かも

6月2日 形を決めます。
CIMG3833.jpg CIMG3834.jpg
我が家の畑はすべてR3000なので、かまぼこ型ではありません。
さて、こんなになって茶の木は大丈夫なのでしょうか お楽しみに

6月25日 1回目に切ってから約1か月
CIMG3856.jpg CIMG3857.jpg
小さい芽が出てきました。まだ赤い芽ですね
この芽が来年の一番茶の親になります

7月2日 一週間後
CIMG3877.jpg CIMG3879.jpg
うっすら緑になってきました。これなら茶の木とわかると思います

7月10日 2週間後
CIMG3904.jpg CIMG3903.jpg
葉が開いてきましたね。
最近は夏ですね
21年7月4日

我が家のある両河内、布沢ではセミが鳴いています…
もう夏もすぐそこ。
毎年恒例の日よけを作ります。
CIMG3864.jpg 
エアコンが無い我が家には必須の日よけ。
こいつで作ります。
CIMG3868.jpg アサガオ
そう。緑のカーテンなんです

まず、短い竹を地面に打ち込みベースを作る。
CIMG3869.jpg 山から取ってきました。
ベースに背負わせるように柱を立てる。
CIMG3870.jpg
長い竹にネットを通して完成。
CIMG3874.jpg
これで夏も涼しく過ごせるはずっ

あぁそれと、上の写真を見て障子が破れ過ぎでしょって言わないでください
犯人がいます。
CIMG3872.jpg わかります?
ズーム
CIMG3871.jpg わかりにくいなぁ
子ネコです。我が家の新しいペット「ピコー」です
こいつがバカいたずらネコなんです。
IMG_0313a.jpg
手を差し伸べれば噛むひっかく。大きくなれば落ち着くのだろうか…。
豊好園に来たら遊んであげてください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。