プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶飴発売開始
21年6月吉日

豊好園の茶飴が完成しました
CIMG3861.jpg
飴屋さんに作ってもらっています。左右対称なら簡単なんだそうで、
普通は「茶」の文字ですが、せっかくなので豊好園の「ホ」で作りました。

ホなんです。オリジナルですね
CIMG3862.jpg
原材料は品評会出品茶です 贅沢…
しかも、お茶の風味を大切にしているため、舌で茶を感じられるほど荒くひいてあります。

70g 150円で販売開始です あ、なくなり次第終了です
スポンサーサイト
2番茶の芽の動き
21年5月20日~6月17日

5月20日 ならしてすぐの芽です
CIMG3724v.jpg CIMG3725.jpg
1番茶の収穫後、2番茶の芽が動き出します。

5月27日 1週間後
CIMG3756.jpg CIMG3755.jpg
1cm弱位伸びたかな

6月3日 2週間後
CIMG3831.jpg CIMG3830.jpg
画像でもわかるくらい大きくなりました。

6月10日 3週間後
CIMG3840.jpg CIMG3839.jpg
夕方で色がわかりませんが、もうそろそろ収穫です

6月17日 4週間後
CIMG3853.jpg CIMG3852.jpg
印が見えないくらいになりました。本日収穫です。

一番茶収穫後、45日に2番茶が収穫できると言われています。
今回5月3日に1番茶収穫したので見事45日。植物は正直です。

さて、これからの芽も追っていきます。

つまみが出来る
21年6月16日

久しぶりですが、ハウスの話です。
CIMG3845.jpg 相変わらずごちゃごちゃしてます
でも植物たちはしっかりしていますよ。それでは紹介します。

まずは枝豆。
CIMG3846.jpg つまみのスーパースター
絶対つくる野菜ですね。大好きなんですそろそろ収穫

そしてトウモロコシ。
CIMG3850.jpg 家族のリクエスト
もう少し植えたらよかったかな。

こちらはアスパラガス。
CIMG3851.jpg もう収穫していません。
今年は10本くらい食べたかな。なぜかうまく育てられないんです。コツがわからん

そしてこれからは新顔です。
新顔① ラッカセイ。
CIMG3849.jpg まだまだ成長中。
大粒のラッカセイなので、食べがいがありそうです

新顔② セロリ。
CIMG3847.jpg 
親戚のおじさんに頼まれました

新顔③ 唐辛子。
CIMG3848.jpg これもおじさんのリクエスト。
なんでも、辛くない唐辛子なんだとさ。

これから夏にかけて成長が楽しみです。
ほぼつまみ前提の畑ですが、家庭菜園ってホント楽しいですよ


09 2番茶始まった
21年6月9日

今日から2番茶スタートです。ここは4月24日前後に収穫された畑です。
CIMG3798a.jpg CIMG3796a.jpg
ちなみに真面目に刈っていますよ

まだまだ芽は伸びますが、品質本位
2番茶も良い茶を作る、これはとても大切だと思ってます。

小さい芽での収穫はもったいなくてできない農家さんが多い。
それと、倍の量収穫しても半額って事はないはず。

例 10aあたり 300kg収穫 1kg 1300円  量より質
   10aあたり 600kg収穫 1kg 800円   質より量

生葉100kgを製茶すると、製品は20kg出来上がります。と言う事は…
 300kg×0.2=60kg   60kg×1300円=78000円
 600kg×0.2=120Kg  120kg×800円=96000円 と言う事になります。

それにこの不況でいい物が安くなっています。1300円と言う値段は難しい
だからもっと量を という流れになっています。

みんながそうしているのなら、必ず家自身の体力勝負になる。
それよりも、みんなが作らないものを作る。
今は損をするかもしれないですが、いつかきっと独占企業になるはず

ちょっと夢のような話ですが、豊好園の方針は良い物をです。

良い物の方が揉んでいて楽しいしね
さ、2番茶も頑張りますよ~
ピエール・エルメ
21年6月3日

みなさんピエール・エルメ・パリって知ってます?
いや~恥ずかしながら僕は知りませんでした
IMG_0218.jpg IMG_0221.jpg
これを見たらピンとくる方もいるのかな。マカロン

今日は『料理通信』という雑誌の取材があり、そのお土産として頂いたのです。
何で料理通信がお茶農家?と思うのですが、取材内容としては納得なんです。

パティシエ「ピエールエルメ氏」にお茶を教えていただきたい。

簡単に言うと、エルメさんがお菓子に使う「お茶」がどのように作られているのか知りたいとの事。
料理通信さんがエルメさんの勉強模様を記事にするという企画なんですね。

なぜ我が家なのか?と言うと、
たびたび豊好園に足を運んでくれ、ブログで紹介してくれているやまもとようこさんの紹介で、今回に至りました。 すごい!人と人のつながりです

いや~ピエールエルメを知らない僕は、この取材の話聞いてからどんな方なのかネットで調べましたよ
特にウィキペディアでの説明と来たら想像を絶していましたね
知らない方はぜひ見てみてください。偉大な方です

えっと、そう、ピエールエルメ本人が来たのです!

はい。証拠写真
IMG_0225.jpg 手前の巨漢がエルメさん
真ん中で通訳してくれたのはリシャール・ルデュさん。
この方ただの通訳さんではなく、ピエール・エルメ・パリの日本での親方さんです

午前中は畑でお茶の栽培方法の説明、お昼にお茶の飲み比べ。午後に製茶の説明。
料理通信の編集長さんやピエールの広報の方も含め、皆さんすごく熱心なんですよね。

帰り際に集合写真を撮らせてもらいました
IMG_0235.jpg
これをきに、日本茶が世界中に知られるようになったらいいな
その時エルメさんが「豊好園で教わった」と胸を張って言えるように豊好園も頑張ります

今回貴重な経験をさせていただいて、関係者の皆さんありがとうございました。

それと、お菓子の感想は…繊細です。(おいしいのは当たり前)
なんだそりゃ と言う人は自分で食べてみてね



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。