プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08お茶会
20年11月23日

毎年勤労感謝の日はお茶会の日
お茶のお客さんを招いて、品評会出品茶を飲んでいただくイベントの日です。
CIMG3161.jpg 庭も装飾。
CIMG3166.jpg お店もあります。
お茶はもちろん、そば、みそ、まんじゅうなど地場産品がそろってます。

こちらはお茶の詰め放題
CIMG3167.jpg プロが詰めてくれます。

そのほかには~
CIMG3176.jpg CIMG3177.jpg
CIMG3178.jpg CIMG3183.jpg
とろろご飯におでん、里芋の焼いたのとむかごのおにぎり
これ全部サービス。いつも豊好園をありがとうって事

家の中の方はお茶会の準備がされていきます。
CIMG3172.jpg 豊も真理子も茶器が大好き
総量と言ったらこんなもんじゃありません

お茶席はと言うと、こんな感じ
CIMG3180.jpg CIMG3182.jpg
スタッフさんが念入りに打ち合わせ 1セット4人分です。
我が家のお茶会は、お客さん自身がお茶を入れるスタイル。ざっくばらんにやります
誰でもおいしくお茶が飲めるようにセットしてあります。
良く見ると、お茶席に似合わない道具があるでしょ 説明します。
まず100ccを計るビーカー。そしてお湯の温度を測るための温度計
最後にお茶を淹れる時間を計る砂時計 お茶は10gに計ってあります。
CIMG3203.jpg 今年は1等のお茶ですよ
ねっ。ここまで道具があれば上手に出来るでしょ

さぁ始まり
CIMG2951.jpg 説明をしてくれます。
皆さん理科の実験のようにお茶を淹れます

こんな感じで毎年やってます。今年はだいたい150人位来てもらったかな
豊が金沢で出会ったお茶屋さんも来てくれました
ユリやアマリリスを送ってくれる埼玉のお客さん、横川花園さんも来てくれました
遠い所からも近い所からも皆さんほんとにありがとう
豊も真理子も僕もバタバタしていて、ゆっくり皆さんと話している時間がないのが残念。

ファン感謝祭って感じです。
今年で17年目。毎年毎年手伝ってくれるスタッフさんにも感謝
みなさんこれからも豊好園を内外からよろしくお願いします



スポンサーサイト
冬到来
20年11月20日

いや~。寒い寒いなんて思っていたらとうとう霜が降りました。
マイナス2度。町とは違いますねぇ
霜畑が真白さ
霜2 楓もアジサイも霜化粧
もうすぐ12月。寒い季節がやってきます。

僕は暑いのと寒いのでは、寒い方が嫌いなのでせつないです
お茶農家の農繁期が春夏で良かった
やまいも掘り
20年11月17日

とうとうこの季節がやってまいりました。やまいも掘りです。
やまいも畑です
CIMG3130.jpg 今年はちょっと威勢が悪いような…
まずは上を撤去しま~す。
CIMG3131.jpgすっきりしました
さぁ掘りはじめます

その前に、こんな道具を使います。
CIMG3132.jpg
スコップで大まかに掘って、細かい所はチョッキンで
本当はチョッキンじゃなくて専用の棒があるのですが、見当たらなかったので
掘った芋を木の箱に入れて、乾燥しないように新聞紙をかぶせる。
そんな所です。

がつがつ掘って行きます
CIMG3133.jpg 列に植えてあるので掘り進みます。
この時点で5本ほど掘ったかな。こうなっちゃえばこっちのもん。
掘りはじめが大変なんです。

穴の中はこんな感じ
CIMG3136.jpg 1m位かな。
今年は全体的に小さめです。
大きいのは150cmほど掘らなくてはいけないので、なかなかな作業です
いい芋が出ますように


品評会出品園の作業
20年11月14日

11月に入って、品評会出品園の摘心をやっています。
朝は夜露でグッシャなので、午後の仕事です

5月に地面から30㎝位の所まで切り下げられた茶樹は1m以上まっすぐに伸び、25枚ほど葉を付けます。
来年摘み取られる新芽がそろうように、先端をハサミで切り取る作業です
豊摘心
1本1本芽の伸びるのをイメージしてやるので、これも結構楽しい(だから自分でやりたい
大臣賞、大臣賞と言い聞かせています   ゆたか
賞状来た!
20年11月12日

品評会のかぶせ茶の部1等3席の証拠、賞状 来ました
CIMG3112.jpg CIMG3114.jpg
左が1等3席の賞状、右が中央会会長賞の賞状
会長賞の賞状なんか、色も質も豪華です
片平次郎だってさ~。なんだか字だけなら年配の方みたい

入賞の記念品。イグサのマットさすが熊本
CIMG3115.jpg 質感&匂い最高
ただ、良く見ると…
CIMG3116.jpg 刺しゅうかいっ
正直こんな刺しゅう無い方がいいのにせめて品評会「1等」入賞記念にして欲しかった
飾るにも変だし使うのも見せびらかしてるようで恥ずかしいし…。熊本県知事さん、センスを疑うよ
15年前は肥後象嵌のネクタイピン…。時代か。

ちなみに中央会会長賞のたて
CIMG3118.jpg CIMG3119.jpg
まぁこんな感じです。たてもらっちゃいました

最後に参加賞。八代産イグサ100%のコースター。
CIMG3117.jpg 5枚セット。
なかなかの匂いします。これはちゃっかり使用させていただきます

来年からも、このような賞を取り続けたい。賞を取ったからなんだ!と言われても挑戦し続けたい。
賞を取ったから儲かるわけではない。確かに品評会のお茶は実用的、一般的ではない。
ただ、自分でこのお茶を揉んだことによって、賞をとる技術のフィードバックは出来る。まだ完ぺきではないけれど、我が家のすべてのお茶に、僕の手からフィードバック出来たらいいなと思っています

こんな事言ったらナマイキか
来年もお茶摘みさんが完璧に摘んでくれたお茶を、台無しにしないように製造頑張りま~す。

しいたけ収穫
20年11月11日

6月2日に紹介した「しいたけ」
しい3 こんな感じで放置でしたが…
冷え込みがきつくなった11月にとうとう収穫です

今年の春に菌を入れたので、今年は出て来ないかと思っていました。
しい6 撮影用に真中へ
しかし、細い原木からは出るかも~と言われていたので、チェックしていて良かった

こんな感じで生えてくるのです
しい7 下から徐々に?なのか?
白い点のような物が、菌を入れた穴のフタ。
最初はやはり菌の塊がある所からでます。時間がたてば全体に菌が回り、行き場を失った菌がキノコとして出てくるって原理だそうだ。
この原木以外は出てきていないし…。

と言ったところで収穫&調理
しい8 醤油焼きです。
ほんとはバター焼きが良かったのですが、バター切れ
味は…。肉厚プルプルしてて~うっうまい
これは今までのシイタケをくつがえすうまさ
スーパーで売っている物とかなり違う…。
原木で育てた事と、採りたてって所が効いたかな。
しいたけ本来の味、頂きましたもっと出てこーい

なんだか一人ダッシュ村って感じ



100周年イベント
20年11月8日 

県の茶業試験場の100周年イベントがありました。
私は品種茶を試飲してもらうブースのお手伝いにいきました
18種類の品種を栽培していると、こんな時にいつもお呼びがかかります
多くの出会いがあり、とても楽しい1日でした
豊試験場
妻は、清水で売り出し中の「まちこ」の試飲販売を行いました。
ほのかに香る桜葉の香りを来場された皆さんに知ってもらいました  ゆたか
昇仙峡ツーリング
20年11月2日

昇仙峡に行ってきました。
今回のメンバーは僕(APE100) よっちゃん(CB400SF) しょーた(XR100M) ホヅミ(S1W)
まーちゃん(SR400) おかさん(FXDL) の6人です。

朝8時に道の駅「とみざわ」集合。遅刻者2名 しかも30分ほど…。
もー。前夜ワクワクしすぎて寝れないのはわかるけど、しっかりして下さい
そんな所で出発

鰍沢のセブンイレブンで休憩 ちょっと奥にあります。
CIMG3087.jpg ちょっとさぶいぜ
今はバイパスが出来てしまったので、旧道みたくなってます。毎回店が無くなってないか心配

まぁあとは52号を北に向かえば到着みたいなものなので、到着
CIMG3088.jpg 駐車場渋滞だった
バイクで良かったでも紅葉してないか?

歩いて奥に向かいます
途中ご飯を食べたのですが、とても接客業とは思えない感じだったのでカット
CIMG3090.jpg CIMG3091.jpg
CIMG3095.jpg CIMG3097.jpg
やっぱ紅葉が甘いなぁ。メリハリがない。
もう少し寒くないとダメか?それとも今年がダメなのか…。

滝を通り過ぎて一休み 謙虚だなぁ
CIMG3099.jpg 巻きの部分食べちゃってますが
じゃあどこが一番うまいんだって話になりました。
僕の結論「販売員のおばちゃんの師匠の店じゃないか?」です

ここで折り返して昇仙峡を出発。
駐車場を出る時に4人と2人(僕とまーちゃん)に車5台分位別れてしまいました。
そしたら前の4人ったら道間違えちゃって
CIMG3103.jpg 待ってる間にツーショット
セパハンかっこいいなぁ変えちゃおうかなぁ…

20分程したら電話が
間違ってたのに気が付いてたけど、道幅と交通量のせいでそのまま下ったって
地図でだいたい確認して合流場所へ出発 無事合流して帰路に

16時だったのですが、皆お腹が減っていたので甲府盆地を抜けてすぐのドライブインで休憩。
CIMG3104.jpg 塩の道って書いてあったぞ
え~っと食堂は…。おっ17時まで!ラッキーラストオーダー16時までアンラッキー
っていうか商売っ気無さすぎだろ次の日祝日休みの日曜日だよ?

ってことで休憩で出発。
日本海ツーリングの時に寄ったラーメン屋へ
CIMG3017.jpg 写真は以前のものです
みんなメッチャ食ってたなんか元気になった

そのまま帰路につき、いつもの宍原ローソンで解散。
CIMG3105.jpg 18時半でも真っ暗だ

今回のツーリングはいつもと違い、時間的に余裕があったため、昇仙峡と言う観光地を散歩する事が出来た。こういうツーリングもいいなぁなんて感じました。
しかし、厚着をしていても寒さを感じる季節になったのが少しさみしい気がします。
ツーリング好きだけど寒くなったらバイクに乗らない僕
まぁ冬はカスタムの季節
来年に備えて今回でツーリング冬眠しま~す。


チェーンソー講習
20年11月1日

我が家は冬の仕事に植林の間伐をしています。
間伐中 間伐運び出し 去年の写真です
今回、チェーンソーの講習があるとのことだったので、参加して来ました。

チェーンソーを仕事として扱うには免許が必要です。
その免許習得の時に、刃の研ぎ方やメンテナンス、作業方法なんかを教わります。
実践は…。やりません
自動車の免許で言うと、学科と校内しか知らないってレベルですかね
当然僕もこのレベルしかありませんなので参加して来ました

はい。講習スタート。
CIMG3070.jpg 刃についてです。
丸い棒ヤスリで研ぎます。平行移動が肝心

お手本を見せてくれました。
CIMG3072.jpg 見事な平行移動だ…
チェーンソーは刃物です。(ノコギリではなくカンナが回っていると思ってくれたら解りやすいと思います。)なので切れなくなったら調節しながら研いでやる事が大切。
この調節しながらってのが非常に難しい

なんだかんだで研ぎ終わりました
CIMG3076.jpg まぁまぁ?か?
上から見ての刃の角度、横から見ての刃の角度、刃の深さなどなど。
それを棒ヤスリの平行移動で決めます。むずいです

研げたら木を切る練習。
上から切ったり下から切ったり。
そして突っ込んでみたり
CIMG3079.jpg ノコギリでは100%不可能
この切り方が出来ることで、木を倒す方法の選択が出来ます。

ただ立てた木をスライス。
CIMG3080.jpg CIMG3081.jpg
倒さないように切るにはアクセルをコントロールしなくてはいけません。
これが出来ない人は、木を上手に切る事は出来ないようです

ロープの使い方も教えてもらいました。
CIMG3085.jpg するっと締まります
でもほどく時は簡単にほどけるのです感心だ

最後に座学。
CIMG3086.jpg 眠りませんように…
チェーンソー作業の宿命「白蝋病 はくろうびょう」の症状や、ならないためにどうしたらよいか教えてもらいました。
安全とは何か。「作業者が木、チェーンソーをコントロール出来ている事」だと。
例で言われたのは飛行機
あんなに重たい物が空を飛ぶと言う事は、飛ぶための条件を全てコントロールしているから。ははは。確かにそうかも

今回の講習で、刃の研ぎ方や、危なくない作業姿勢を覚えれたと思います。
今シーズンの冬は実践したいと思います。
講習代6000円のもとはとったかな








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。