プロフィール

houkouen

Author:houkouen
豊好園HPへようこそ

品種茶紹介

お茶は「やぶきた」だけじゃない! 豊好園の品種茶紹介

ブログ内検索

Since 2008-07

豊好園 きららweb
清水でお茶をなんとかしている農家のblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うね間切りです
12年9月23日

秋の雨が続きます。
雨の日はうね間切りにかぎります。
CIMG1750a.jpg
というか雨の日も仕事しなくてはいけない程仕事してません

晴れて露が残っている日(晴れなのにカッパズボン)よりも雨が降っていた方が涼しくて良いです。
CIMG1751a.jpg
バリっと通路を作ります。

今年は27日から秋冬番を刈ります。
自工場では赤字になるので葉売りの農家に転身。

しかも何かの縁で静岡のネクトまで運びます。新東名が出来たから可能になりました

スピードで捕まらないように気を付けます






スポンサーサイト
はるみどり

品種の来歴
♀かなやみどり ♂やぶきた
国立野菜茶業研究所
2000年 品種登録

品種特性
 色沢は新鮮色で緑がかった水色。
アミノ酸が多くタンニンが少ないので旨味が強く渋味が少ない。
晩生品種としては1番の有望株として期待している。
 欠点として挿し穂が取りにくく、初期生育が悪いので早期成園化は難しい。

豊好園の来歴
2005年の静岡県茶業研究センターの発表会で試飲し、導入を決める。
2006年苗木を100本購入。その穂を使い、挿し木を繰り返し2010年秋5a定植
2012年12a定植


おくみどり
品種の来歴♀やぶきた ♂S6
国立野菜茶業研究所
1974 品種登録

品種特性
 晩性種の中ではテアニンを多く含むので旨味があり調和のとれたオーソドックスなお茶です。
炭疽病に弱いため日照量の多い園地に向いています。
煎茶独特の豊かな香りと旨味ある高級茶。

豊好園の来歴
2004年 4a定植
2010年 3a定植 計7a

そうふう
2012
CIMG1317a.jpg CIMG1318a.jpg

品種の来歴
♀やぶきた×♂静印雑131
国立野菜茶業研究所  2002年品種登録

品種特性
 同じ交配親を用いた「ふじかおり」に似た花香をもちます。
初揉みした感想としては香り以上にあまり期待していなかった味の濃さと色沢の良さに感動。豊好園で一番の早生品種なので3月の凍霜害が心配です。

豊好園での来歴
 2008年 鹿児島県より500本2年生の苗木を購入。
1年間仮植したのち4aに定植。2011年初揉み。
いなぐち
2011
IMG00688-20110518-0641.jpg IMG00689-20110518-0641.jpg


品種の来歴
やぶきたの自然交雑実生より選抜
1996 品種登録

品種特性
 荒茶は色沢のある濃い緑色。普通に蒸すと渋味が出やすいが、深蒸しにすると濃口のおいしいお茶になります。また、蒸しても形状は崩れず、細よれのしっかりした葉になります。

豊好園での来歴
 20年近く前にいただいた1本の苗木から始まりました。芽の色、形が気に入って、毎年少しづつ挿し木で増やし、1991年、7aに定植しました。
 土のせいか西日が強いせいか、黄色でばさばさになるやぶきたをしりめに、毎年安定した成果をあげ、市場価格もまずまずです。
めいりょく
2011
IMG00675-20110515-0534.jpg IMG00677-20110515-0535.jpg

品種の来歴
♀やぶきた ♂やまとみどり
1986 品種登録

品種特性
 育成当時、旨みが少なく味が薄いのでは?という声もきかれましたが、逆にそれが、くせが少なくすっきりとし現代の嗜好にあって、いい方に評価する声もきかれます。

豊好園での来歴
 デビューしたての頃、新芽の芽揃い、形状がお茶を揉むことが好きな私の本能を刺激し、100本ほど植えてみた。
 成園となり、品質面でも一般の評価通りで、みる芽で刈り取ればすっきりとしたお茶になる事がわかったので、2004年少々増やし、2aほどになっています。
2011年更に増やす事を決めました。

香駿
2011
IMG00678-20110515-0606.jpg IMG00679-20110515-0606.jpg


品種の来歴
♀くらさわ ♂かなやみどり
1996 品種登録

品種特性
 「香駿」の香味については、嗜好調査から味が濃い、香りが良い、旨みがあるetcの評価が高く、香りは若い世代の女性を中心に爽やかで清涼感のある香りをイメージする意見が多いものです。

豊好園での来歴
 2002年農業体験に来ていた3名の女子大生に手伝ってもらい5a植えました。植付けの途中から雨が降り出し、びしょびしょになってしまい大変でしたが、これが幸いしたのか生育がよく、05年初揉みすることが出来、若い女性に好まれそうな香りがするお茶に仕上がりました。
 飲んでもらった方々からもうれしいコメントをいただき、大満足です。04年秋に2a増やし、現在7aになっています。


静7132
2011
IMG00707-20110526-1639.jpg IMG00708-20110526-1640.jpg

品種の来歴
やぶきたの実生から選抜
2008年現在品種登録されてません

品種特性
 ほのかに香る桜葉の香りと緑色の水色、渋みの少ないお茶です。ただし香りについては、サンプルにより出ていない物もあるので、香りを求める場合は確かめなければならない課題がたくさんあります。

豊好園での来歴
 2002年「清水みんなのお茶を創る会」主催、資源発掘大作戦で、その香りが大感動をあたえました。創る会では、すでにつけられていた「まちこ」という名で商標登録をとり、お茶による町作りの核として産地化をはかっています。豊好園ではいち早く挿し木をし、03年04年と少しずつ面積を増やし2006年には6aほどになりました。
つゆひかり
2011
IMG00642-20110513-0658.jpg IMG00643-20110513-0658.jpg

品種の来歴
♀静7132 ♂あさつゆ
2001 品種登録

品種特性
 明るい緑色の水色、香りはフルーツのような爽やかな香りで、渋みの少ない調和のとれた味をしています。
 樹勢が強く栽培しやすい品種です。

豊好園での来歴
 2001年初めて試飲させていただき、エメラルドグリーンの水色と甘すっぱい香りにすっかり魅せられてしまいました。 県試験場より苗をわけていただき、挿し木をし2003年秋に7aほど定植しました。
 味のバランスも良く、香りも爽やかでとても気に入っています。

山の息吹
2012
CIMG1321a.jpg IMG00614-20110506-1720.jpg


品種の来歴
やぶきたの実生園から選抜
1997 品種登録

品種特性
 新緑を感じさせる軽やかな香りをもち、渋みが少なく濃厚な旨みが感じられる品種です。
 名前の通り、山間地においてこの特性がより一層発揮され、周囲の山々と息吹の力強さを競い合っています。

豊好園での来歴
 2000年よりやぶきたからの転換が始まりました。私の1番好きな場所に植えていますが、30度を越す急傾斜、廃タイヤを石垣がわりに積んで段々畑を作る、まして手作業、一冬かかっても1~2aほどしか進まず、現在aになっています。
 2004年から小さな製茶機械でもみ初め、園主一押しのお茶になりました。寒さにも強く、毎年安定した品質が期待できると信じています。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。